hamashun org

ライカで秋葉原の街や人、コスプレやポートレートなどの写真を撮っています。使用機材はM-E Typ240, M9, M8.2, M8, Q2, S Typ007, T, D, 3g などと、ライカマウントレンズが中心です。

「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」のフォトレポート その2

このエントリーをはてなブックマークに追加


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5

2022年に「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」に行ってきた話というブログを書いたのですが、その展示で撮ったまだ載せてない写真があったので、3回に分けて載せていきます。「何でそんなに大量に撮っていたの?」って、そりゃあこの展示に4回行ったからです。

語るべきことは既に2022年のブログで語ったので、このシリーズは基本的には写真がメインになります。文章はたまに補足程度を入れるかもしれません。


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5

レンズはオールド・ズマリットです。屋内で使うズマリットは収差も穏やかで、柔らかさがかなり好きです。


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5

コラボパフェ。本気のクオリティで大変美味しかったです。

いやあ良いですね、プルーヴェ。どうにも僕は木と金属を組み合わせた家具が好きっぽいので、そのあたりでプルーヴェやイームズはかなりドンピシャなようです。本気の家具クラスタからすると定番すぎるアイテムではありますが、好きなものは好きだからしょうがないですし、メジャーだということは入手性も良いので趣味としても肩を張りすぎずに楽しめますしね。

あ、入手性が良いとは言っても、コピー品はダメですよコピー品は。「リプロダクト」とか耳障りの良い言い方をしてコピー品を売っている業者がいますが、コピーはあくまでコピーですからね。一見すると似ていても同じ体験ができる保証はどこにも無いのです。その辺りは以下が分かりやすいので、「リプロダクト(コピー)のデザイナー家具」を検討している人はぜひ一度チェックしてほしいです。

続きを読む

Mid-Century MUJI 展に行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加


Leica Q2

無印良品銀座店で開催中のMid-Century MUJI 展に行ってきました。無印良品の製品をカスタムしてミッドセンチュリースタイルにリメイクするという企画です。フォトレポート的な感じでやっていきましょう。


Leica Q2

入口。右側にチラ見えしている部分が「それっぽくて」テンションが上がりますね。


Leica Q2

中に入るとこんな感じです。これら全てが、無印良品の製品をカスタムして作られているんです!この手のデスクや収納って、ガチのミッドセンチュリー物を探すとかなりお高いんですよね。あとアメリカンなサイズなので日本の住宅に合わせづらかったりして。そこいくとベースが無印良品なので扱いやすい価格とサイズ感です。


Leica Q2

オフィスをイメージしたエリア。かなり「ぽい」ですよね。ファイルケースを縦にすると雰囲気出るんですねえ。ちなみにイームズのサイドシェルチェアは本企画の対象外で、普通にイームズです。


Leica Q2

こちらは北欧を感じるスツール郡。無印良品のスツールにミッドセンチュリーなファブリックを使ってリメイクしているわけですね。


Leica Q2

こちらのソファも、ソファ自体は無印良品の物だけど、ファブリックを張り替えてそれっぽさを出しています。


Leica Q2

壁にはこんな感じで解説もあったり。


Leica Q2

展示はオフィスエリアと私室エリアに分かれていて、こちらは私室の方です。リビングはミッドセンチュリーモダンなスタイルにおいて存在感のある部分ですから、展示品の気合いも感じられます。

手前に見える黒いベッドは、無印のフレームにカスタムで脚を取り付けています。ミッドセンチュリーの家具は空中に浮かせがちですよね(写真だと脚は見えないですが)。そしてマットレスのカバーを変えて、円柱状のボルスタークッションも同じ生地が使われています。ちなみにクッションの中身は普通のヨガ用クッションだそう。


Leica Q2

ソファ類はファブリック張替えで、白い収納は大きい方はケーススタディショップのTVボード……ってここだけ何故か無印良品ベースじゃ無いんですよね。謎です。


Leica Q2

イームズのLTRっぽいローテーブルは、プライウッドの天板に無印良品のシンク下収納の脚を付けた物だそうです。これはアイディア商品すぎますね!高さが2種類あるのも良いなあ。


Leica Q2

大型シェルフの向こう側は、また雰囲気の異なるエリアです。ボールクロックやサイドシェルチェアは本物を展示してますね。


Leica Q2

ジョー・コロンボの万年カレンダーも飾ってあったり。関係ないけど僕は万年カレンダーって絶対に途中でめくらなくなっちゃう人です。


Leica Q2

無印良品のアクリルケースにミッドセンチュリーな取手を付けるだけで、かなり印象が変わりますね。とは言え、中身が丸見えなので入れる物のセンスが問われます。


Leica Q2

そしてこの壁面収納がヤバい!シャルロット・ペリアン風の収納棚です。無印良品の壁に付ける棚とスチール仕切り板を組み合わせているわけで、いやーこれは発明ですね。めっちゃいいです。

ペリアンのオリジナルは、数年前にMid-Century MODERNに出ていたのが確か300万円くらいでしたし、デカくて重いので庶民の家だとなかなか難しいですよね。となると、こんな風に工夫してテイストの近いものを作ってしまうのはアリ寄りのアリな気がしています。


Leica Q2

この位置関係で撮りたかった一枚。ちなみにガラスで仕切られて中に入れないようになっています。

と言うわけで、Mid-Century MUJI 展のフォトレポートでした。ちなみに、展示だけでなくてcase study shopさんに依頼すると、同じカスタムで作ってくれるとのことです。プライス・リストは展示会場で無印良品の店員さんに尋ねると貰えました。

あくまで無印良品の製品がベースなので、基本的なクオリティは無印良品グレードであって高級家具のそれではない事には注意が必要です。ただ、ミッドセンチュリーモダンの家具に興味があるけど敷居の高さを感じてしまっている人なんかには、めっちゃ良い企画だなって思いました。

続きを読む

2024年1月~3月にLFIギャラリーに掲載された写真

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ライカと写真」がテーマの雑誌LFI(Leica Fotografie International)の編集部が運営する審査制フォトギャラリー、「LFI.Gallery」に2024年1月〜3月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんの玉藻の前 第一再臨です!どうですかこのポージング!見せたいところを見せつつもあちこちに空間を作って抜け感のある感じ!全体のまとまり感が良いのは、この絶妙なポージングのおかげだと思っています。

普段は、動きを出すためにフレームに全身を収めずに少し切る事も多いんですが、このカットはポージング自体に動きがあるし、全体のバランスが最強なので全身を入れてみたのでした。いやあ全身のシルエットが本当に良いですね。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
すいそさん

すいそさんのマリー、アイドル衣装での一枚です。顎にあてた手の表情に注目なんですが、特に添えた小指がマリーの可愛さや可憐さと、そしてちょっとのいたずらっぽさが出ていて好きなんですよね!

このカット、背景にちょっと影を落として暗くしています。FGOのマリー・アントワネットは常にポジティブで愛に満ちているわけですが、史実からすると暗いエピソードもあるわけで、たまに少しだけそんなエッセンスを加えたくなる事があります……とか言ってたら、奏章2のイドでマリーオルタが実装されてうおおってなった2024年でした。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのクリームヒルト、視線を外したカットです。遠くにやる視線、どこか呆然した表情、何かの感情をこらえているような唇……。夫を亡くしたクリームヒルトの自失した状況が伝わってくるようです。

奥側の顔はわずかに見えているのですが、そこを暗く落としたことで表情の後押しができたと思います。普段はわりとポジティブな写真を撮る事が多いのですが、ネガティブ寄りな写真も楽しいですね。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

もう一枚ミカさんのクリームヒルトが審査に通過しました。こちらはクリームヒルトのキャラクター解釈と言うよりは、布の多い衣装とバルムンクの造形を活かして画的な良さを狙ったカットです。布が良い感じに広がりつつ身体のラインもきれいに維持するカットを撮るために、ミカさんには何度も布を投げて貰いました。

この手の動きのあるカットを撮るには、これまではAFでピントを合わせてから投げてもらってたんですが、最近はMFで待ち構える方が良いような気がしていて、そのようにしています。

写真は以上で、ここからは雑記のコーナーです。
最近、Leica Q2にミスト系フィルターを試してみてるんですが、現行レンズの画質を程よく落としてくれるのが良いですね。オールドレンズだと収差が多すぎるけど現行レンズだと写りが良すぎる……というケースに最適な気がしています。

Leica S用のレンズ、APO-Elmar S 180mm F3.5を買いました。まだ作品撮りでは一回しか使ってないのですが、描写力やばいですね。大きく写せることも相まって、衣装の繊維まで画き分ける勢いです。70mm、30-90mmに加えてSのレンズも3本めという事で、レンズレビューの記事も書きたいと思いつつ数年が経ってしまったのでいい加減書こうと思います。たぶん><

最近、インテリア熱が再燃してまして。これまではわりと好きな家具を好きなように集めてきたのですが、そろそろ合わせ方も考えていこうかなと。色や素材を工夫することで部屋の中でまとまり感を出していきたいのです。家具はイームズやらプルーヴェやらが中心でモノは良いので、あとは合わせ方だけだなと……!

続きを読む

そろそろ「ライカは無料」について一言いっておくか

このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに見かける言説「ライカは無料(買った時と同額以上に売れる)」ですが、クロカワさんがX(旧Twitter)で一石を投じたことで、界隈がザワザワしているようです。
個人的にも気にしていたトピックなので、私見をつれづれと述べてみようと思います。いつもよりも殴り書きなので、ツッコミ歓迎です。

まず、「ライカは無料」というワードは、大きく二つに分けられると思っています。

  • カメクラがネタ混じりに言っている
  • 投資クラスタが投資対象として言っている

前者は目が合うと沼に引きずり込まれる恐れがあるので、近づいてはいけませんよ。

後者についてが本稿の対象となります。「カメラも(趣味・実用で)買うし(カメラ以外に)投資もする」というようにミックスされてるケースがあるので分かりづらいのですが、「ライカは無料」とは、カメラの話じゃなくて投資視点の話だと思います。なので、純粋にカメラ趣味の話だと信じて行動すると痛い目を見る可能性がある事に注意が必要です。

続きを読む

20年くらい使っているデスクが50年前のものだったと分かった話

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの写真の右奥にある小さめのデスクは、もう20年前くらいに代官山にあったインテリアショップSTITCH(現在はWebショップのみ)で購入した物で、「ハーマンミラーの物ではあるけど具体的な商品名やデザイナーは不明」として販売されていたものでした。

それからずっと使っていてもビクともしないクオリティだったのですが、なんとこのたび詳細が判明しました! ミッドセンチュリー家具屋の老舗であるGallery1950のブログに同商品が掲載されたのです。
Action Office 2 Work Surface for Herman Miller. | Gallery 1950
Gallery1950 / Action Office 2 Work Surfaces

リンク先の説明の通り、「Action Office 2 Work Surfaces」という名称で、デザイナーは「Robert Propst」という人、メーカーは購入時の情報の通りハーマンミラー、年代は1970年代とのこと。

20年の疑問が解決してすっきりしたという話でした。

続きを読む

Lightroom / Capture Oneプリセット「Prominence(クロカワプリセット)」をコスプレ写真で試してみたよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフォトグラファーのクロカワさんが2023年の年末にリリースしたLR/C1プリセットの「Prominence(通称クロカワプリセット)」を購入したので、コスプレ写真で試してみました。

条件

  • 写真データはスタジオ クォーツの白ホリで撮影したものです
  • カメラはLeica S Typ007で、レンズはSummarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
  • WBは晴天
  • ストロボ使用
  • RAWデータをLightroom Ver.13で読み込み、プリセットを当ててから微調整しています
  • 微調整の内容は、明るくなりすぎた部分を戻したり、ライカあるあるの色飽和を抑えるなどの軽微なものです
  • 人物の肌をコスプレ的に明るめにもする調整もしています
  • 本プリセットのキモとなるトーンカーブはいじってません
  • Lightroomの編集作業後に、Photoshopでコスプレ的なレタッチをしています(肌をスムーズにするなど)

プリセット無し


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

比較用として、いつもの感じで自分でイチから現像した写真を載せてみます。ハイキーめに振りつつも白飛びはしないで、やや青みを加えて爽やかにしつつも不自然な色転びはせずに、コントラストはそこそこ付ける。肌は明るめ・柔らかめといったイメージです。
肌の色をイメージ通りにしながら全体のコントラストや彩度を調整するのが、いつも結構大変なんですよね。

編集内容としては、LRのパネルで言うと、基本補正・トーンカーブ(RGB含め)・カラーミキサー・カラーグレーディング・キャリブレーションなど多くのパラメータを手間をかけて調整していますが、そのかいあって自分の求めるイメージ通りの仕上がりです。

Primitive


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ここからはプリセットを適用していきます。まずは「陰影感のコントロールを目的とした色を変えないプリセット」というPrimitiveを試してみました。RAWデータを読み込んだ時点の眠い状態から、一発でトーンがビッと出てきました。
その後は微調整しただけでこの仕上がりなので、ワークフロー的にかなりの時短が期待できそうです。

今回は色味はあえて殆どいじってませんが、このプリセットでは色に関するパラメータは殆ど利用されてないので、お好みで自由に追加の編集ができます。

Blue Platinum


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

次は「透明感のあるブルー」が得られるBlue Platinumです。適用するだけでまさに「透明感のあるブルー」テイストが得られるので、これは個人的にかなり好みのプリセットです!特に肌の感じがすっきりしやすいように思いました(肌質にもよるかもしれませんが)。

RGBのトーンカーブはがっつり設定されているので慣れてないと調整するのは難しいかもしれませんが、カラーミキサーやカラーグレーディングを使えば、利用者側でも更に色を調整できるはずです。

Rose Gold(Soft)


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

各プリセットには、それぞれソフト・ハードのバリエーションがあります。というわけで、こちらは「品よく赤みが入る暖色系のプリセット」Rose Goldのソフトを適用しました。
実は最近は暖色系の色味にする事もちょくちょくあるのですが、寒色系に比べると経験値が低いのでこのプリセットはとても参考になります。暖色系を入れるのってやりすぎると顔色がおかしくなっちゃうけど(これは暖色に限らず色を入れるとそうですが)、上手くやれば暖かみとか柔らかさとほんのりレトロさが出て効果的な気がしています。

もともと柔らかめのトーンが好きという事もあってソフト系はどれも気に入っていますが、このプリセットは適用した時点でかなり好みの状態になりました。

Monochrome(Hard)


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

最後に試したのは「しっとり優しい、丁寧に階調を描く」モノクロプリセットのMonochromeです。適用したのはハードなので多少のパキッと感が出ましたが、それでも白飛び黒潰れはしませんでした。モノクロ写真は極端すぎないトーンが好みなので、このプリセットもかなりツボです!

粒子や調色などの余計な味付けがされておらず尖ったところが無いので、モノクロ編集の下ごしらえとしてかなり便利なプリセットだと思います。

まとめ

これまでに、「特定のフィルム製品の描写をシミュレートしたプリセット」なんかも使った事はあるのですが、あまりに「そのプリセットの写真」になってしまうので、遊びで使ったり日常写真に適用するくらいが多かったんですよね。その点でクロカワさんのProminenceプリセットは、どれも「やりすぎじゃない、下準備のプリセット」という印象なので、そこから先の味付けを自分で決められる、つまり「自分の写真にできる」余地があるのがとても良かったです。
あと、最前線で写真を撮りまくってるプロのフォトグラファーのトーンカーブが一例でも見られるのは、めっちゃ勉強になりますね!

逆に気になった点は……個人的には特に無いのですが、「プリセット一発でバチッと決めたい」を期待すると肩透かしを食らうと思います。上質な出汁みたいなプリセットなので、そこから先の工程も大切なんですよね。
あとは、「クロカワさんみたいな写真にしたい」人もちょっと期待と違う結果になるのかな? いやこれは分からないですね。下手な事は言わないでおこう。

ちなみに、今回試さなかった5つめのプリセットに「Nostalgic」があります。これは外ロケや日常写真で使う事を想定されてるようなので、今回の白ホリ写真には使いませんでした(試してはみたけど、あんまりピンとこなかった)。どんな感じかは、実際に購入してキミの目で確かめてくれよな!

なお、2024年1月末までは発売記念のセール価格で15% OFFとの事なので、気になった方はお早めのお求めが良さそうです。
LightroomのみCapture Oneのみ両方セット(お買い得)の3つがあるので、購入の際は間違えないようにご注意ください。

記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
時間のないサイト運営者リング(時間ねぇー)