本棚と天井の間に地震対策のつっぱり棒があるんですけど、超ダサいんですね。 これを、ファブリックを使ってどうにかしたいなと思ったんです。

最初はいわゆるファブリックパネルを買おうかと思ったんですが、もし落ちてきたら危ないし、なにより結構高いんですね。
で、それならパネル部分をダンボールにして自作しちゃえばいいんじゃないかなと思ったわけです。

ダンボールファブリックパネル1
用意するのは、ダンボールとファブリック。 あとはそれを貼るための糊とか両面テープだけです。
ちなみにこのダンボールは1800×900とかで超大きいです。 電車で持って帰ってきたので結構大変でした。

ダンボールファブリックパネル2
サイズに合わせて切ります。 まっすぐ切るのが難しいですね!

ダンボールファブリックパネル3
そしたら、糊とか両面テープで貼り付ければ完成です! わーすごい! 簡単! 手抜き!(説明が)