ペンタックスの小さな一眼レフ auto 110 のメジャーキットを、新宿の中古カメラBOXで買いました。

どれぐらい小さいかというと、

これくらい。かなり小さいです。このサイズでレンズ交換ができるんだから凄いなあ。

メジャーキットには3つのレンズが付いていて、18mm, 24mm, 50mm とマイクロフォーサーズで使うのにもいい感じの焦点距離が揃っています。それもそのはず、auto 110 も35mm換算だと焦点距離が倍になるのです。

ペンデジのパンケーキと比べると、小ささが際立ちます。

マイクロフォーサーズで auto 110 が使えるアダプタは、多分これ一つだけだと思います。ディスカバーフォトで買ったんですが、固体での確認をしてないようで、鉄ヤスリで削らないとレンズがロックされませんでした。

24mmをE-P1に付けたところ。

せっかくなのでフードも付けてみました。ケンコーの角型28.5mmカブセです。

ヘリコイドにカブセてるので、ピントを合わせると回転しちゃうんですけどね。 カブセ方も浅いので、実質飾りという感じです。

18mmの方がサイズは大きいです。アダプターの雰囲気も相まって、一見するとCマウントみたいにも見えます。

こっちは丸型フードが見つかったので普通に使えてます。Walzの33mmカブセです。

これらのレンズで撮った写真は、次以降の記事で紹介します。