オールドレンズパラダイスの二回目の実習は、光と色がテーマでした。逆光と順光くらいしか分からなくて、彩度とコントラスト低めの写真が好みな自分には結構厳しいお題。

ペンF の 100mm F3.5 で撮った空と木。この辺は換算200mmの威力と言うか。でもペンFってやっぱ解像は甘いのかなーとか思ったりもする今日この頃。

川辺を歩いてた鳥。作例撮りとしては邪道かもしれない。歩くのが結構速くてピントを合わせるのが大変でした。

フジノンの引き伸ばしレンズを接写専用にして撮影したマツボックリ。夏の光の強さって感じ。

同じくフジノンで何かの花。カメラ側の設定で彩度落としてるのが結構影響出てるかなあ。

今回は何がつらいって、暑さが大分辛かったです。タオルも帽子も持っていかなかったので、暑すぎてあんまり集中できませんでした。