銀座にある奥野ビルに行ってきました。
機材は GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6 で。古い建物を撮る時のいつもの組み合わせ。

バイオハザード的な通路。内部はかなり光量が少なかったので、暗いレンズだと大分きつかった。
実際はもっと普通な通路だけど、現像のアレコレによって怖い感じに。

階段。いつもは F8 固定で撮っているのだけど、ISO 800 でもシャッタースピードが 1 秒とかになっちゃったので開放の F5.6 で撮影。

木のドア。暗くて MF アシストを使ってもピントの山が掴みづらいので、全て目測でピント合わせ。広角ならざっくりでもそこそこいけますな。

名物? の、エレベータ(電動昇降機って雰囲気)の階数表示。ドアの開閉は手動らしい(古くて怖いので乗ってない)。

明るめな場所もある。

階段を横から。現像はちょっと絵画っぽい感じになったかも。

床にはヒビ割れも。地震の影響だろうか。

エントランス付近。

ビルの中はアートっぽい部屋がたくさんあって、それっぽい人たちが多くいた。内部で写真を撮っていても変な目で見られなかったり、すれ違う時に挨拶したりして、なかなか暖かい感じでした。