GXR Mount A12 に KOMURA TELEMORE ×2 と Summarit 5cm F1.5 を装着。iPhone 4S で撮影。

先日のカメラフェアで購入したライカ用のテレコン、KOMURA TELEMORE ×2 を試してみました。
機材は GXR Mount A12 + Summarit 5cm F1.5 で、比較のために TELEMORE ×2 を使用したもの・しない物の両方を同じ絞り値で撮影。それぞれ RAW を Lightroom3.6 でストレート現像しています。


TELEMORE ×2 使用 / 絞り値:F1.5


TELEMORE ×2 未使用 / 絞り値:F1.5

上が TELEMORE 使用。下が未使用。以降の写真も同様です。
TELEMORE を使用すると、開放では、まるでタンバールやベス単フード外しのようなソフトフォーカス効果が得られます。それだけに、ピントの山を掴むのは、強力な MF アシスト機能を持つ GXR Mount A12 でも苦労します。

TELEMORE 未使用の方も、開放ではかなりの滲みが見られますが、こうして並べると、幾分まともに見えてしまいます。


TELEMORE ×2 使用 / 絞り値:F2


TELEMORE ×2 未使用 / 絞り値:F2

一段絞っても、TELEMORE を使用していると、まだまだ滲みが残ります。ハイライト部分が輝くように滲んでいて、幻想的な描写です。

一方、TELEMORE 未使用のズマリットは、描写が整ってきます。


TELEMORE ×2 使用 / 絞り値:F2.8


TELEMORE ×2 未使用 / 絞り値:F2.8

二段絞ると、TELEMORE を使用している方も、かなり改善されますが、それでもまだ、特にアウトフォーカス部分のススキの周囲に滲みが見られます。

TELEMORE 未使用では、この辺りの絞り値は普通に使いやすい描写になってきます。


TELEMORE ×2 使用 / 絞り値:F4


TELEMORE ×2 未使用 / 絞り値:F4

三段絞ると、TELEMORE を使用している方でも、描写が整いました。これでようやく普通のテレコンとして使えるといった感じでしょうか。

TELEMORE 未使用のズマリットでは、F4 と言えば繊細さを残したままシャープになっていく絞り値でしょうか。

KOMURA TELEMORE ×2 雑感


iPhone 4S で撮影

テレモアは、テレコン目的よりもソフトフォーカス目的で使うのが楽しいです。と言うか、普通のテレコンとして使うのが難しいというか・・・。

使う際の注意点は、特に開放でピントの山が掴みづらいこと。今回の被写体に限らず、様々な状況で MF アシストを使いましたが、山が全然掴めなくて、ほぼ勘で撮影することになりました。

しかし、その苦労を越えてもたらされる描写はかなり特徴的で、他では中々得にくい物です。また、プアマンズタンバールであると妄想してみると、かなりテンションが上がります。

今回は、開放での収差が元々激しいレンズであるズマリットで試しましたが、もっと優等生的なレンズであるズミクロンなどで試してみるのも、面白そうです。