ライカ M8 の常用レンズとして、ズミクロン 50mm F2 2nd モデルを購入しました。暫くあちこちで使ってみたので、レビュー記事を書いてみます。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2

ズミクロン 50mm F2 の 2nd モデルは、開放から安心して使えるオールドレンズです。
この写真は開放絞りである F2 で撮影していますが、アウトフォーカス部に僅かな滲みを伴いつつも破綻なく、そして柔らかな描写が魅力です。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2

屋外でも同様に安心して使えます。ガチな逆光等の悪条件ではフレアが出る事がありますが、そうでなければ開放でも問題ありません。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2

しかし、現行レンズのように開放からカリカリにシャープという訳ではありません。絞り F2 での撮影では壁面に軽い滲みが発生し、柔らかい描写になっています。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F4

同じロケーションでも、F4 まで絞るとこの通り、キリッとシャープになります。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F4

時代的にカラーフィルムでの使用も考慮されていると思うのですが、ライツのニュージェネレーションレンズ程にはコントラスト重視になっていないように思えます。絞ってもコントラストが付きすぎません。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2

F2 という明るさは、暗所でも頼りになります。ズミルックス等の F1.4 クラス程ではありませんが、エルマーの F3.5 よりは撮影シーンが広がります。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2.8

レンジファインダーのレンズは機構上、寄れませんが、このレンズは 70cm まで寄れます。一眼レフとは比べるべくもありませんが、ある程度大きく撮れるのは表現に幅が出せて嬉しいですね。

この作例はピントの精度を考えて一段絞った F2.8 で撮影していますが、等倍鑑賞でも全く見苦しさを感じない「しべ」や花びらに付いた水滴の描写には思わず唸らされます。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F8

一方で、遠景もしっかり写ります。 F8 まで絞ったこの作例では、石階段のブロック一つ一つの表情や、左手奥の工事用シートの質感がしっかり描写されています。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2.8

とは言え、このレンズで楽しいのは、中近距離で被写体を引き立たせるような撮り方ではないでしょうか。合焦面のシャープさと背景のボケのバランスが絶妙です。


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F2.8

そうなると、F 値の選択は F2 〜 F4 くらいが美味しい所になります。 F2.8 を基準にして、より柔かく撮りたければ F2 に。 よりしっかり撮りたい場合やピントを外したくない場合には F4 に。という感じでしょうか。

まとめ


Summicron 50mm F2 2nd + Leica M8 絞り F4

ズミクロン 50mm F2 2nd は、柔らかな描写を持ちつつもしっかり撮れる、バランスの良いレンズです。
オールドレンズらしい収差が顔を出す事もありますが、ズマリットやズミルックスのような激しい物ではなく、コントロールしやすい物であり、この収差もまた好バランスと言えます。

このレンズの次の 3rd モデルからは、いわゆるニュージェネレーションレンズとなり、コントラストやシャープネスの向上が顕著だと聞きます。逆に 1st モデルはモノクロフィルムが中心な時代の設計である事を考えると、オールドレンズを楽しむという観点では、この 2nd モデルが最適なように思えます。

Summicron 50mm F2 2nd の購入について

同じズミクロンでも、35mm に比べて 50mm は全体的に安価な印象があります。また、この 2nd モデルはあまり人気が無いとも聞くので、掘り出し物も見つけやすいかもしれません。

フードは 12585 で、このフードはいくつかのレンズで共用できるので、既に持っていればフード無しを狙うのもアリだと思います。

製造時期によるバリエーションは存在しないようなので、その辺りは安心して購入できます。