Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

ロケーションは前回の記事と同じく磯部温泉街。機材は M8 とズミクロン 50mm 2nd に変えてのエントリーです。大体の写真が、GXR とスーパーアンギュロンの物と同様、「フレームに収めすぎない」を意識して撮影しています。この病院のカットとか、これまでの自分だと絶対なかった感じ。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

この写真とか、いつもだったら 「宇佐見商店街」の文字とポストが全部入るまで引いてから撮ってたような気がします。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

この写真も、シーソーの反対側も入れちゃってたかもしれない(左上の黄色いパイプとか、右上の草もフレームアウトしちゃってたかも)。一部だけ見せたり、或いはむしろ見せない事で見る人の想像力を刺激できる、っていうのは、御苗場なんかに出て講評してもらって学んだ事のひとつだなー。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

あと、ライカ(に限らず、レンジファインダー全般に言えると思うけど)を使うと、細かいフレーミングを余り気にしなくなるので、その練習にはわりと良さそうだなーとか思います。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

ライカ使いのフレーミングが適当って意味ではなくて、システムの特性上、気になりにくいと言うか。ミラーレス機だと視野率が常に 100% な訳で、端まで見えすぎるのが逆に気になっちゃう事もあるのかなみたいな。端に何か入ってたら引き算しちゃう性格と言うか。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

もっとも、よく訓練されたレンジファインダー機使いは問題なくカッチリとフレーミングできるのかもしれませんが…!

という訳で今回の記事はここまで。次回は世界遺産登録間近の富岡製糸場を GXR とスーパーアンギュロンで撮った写真を載せます。