Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

富岡製糸場をライカ M8 と Summicron 50mm F2 (2nd) で撮影した写真を載せていきます。まずはやっぱり操糸機まわりから。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

M8 に 50mm レンズだと 65mm 相当の画角になるので、前回のアンギュロン より寄ったカットが多くなりますね。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

ハンドル多すぎるw


これ! この昭和初期的な漢字のダイアル凄く良い! 最短付近で撮影。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

M8 の暗部ノイズの出方は、GXR とは違って印象が良いですね。このカットは現像時に少し調整していますが、そのまま出しても良かったかも。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

赤レンガ倉庫の白い枠は木造っていうのが、横浜の倉庫とは違う所なのかな。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

このフォントもレトロで良い感じ。


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

中途半端なフレーミング 1


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

中途半端なフレーミング 2


Summicron 50mm F2 (2nd) + Leica M8

この、ちょっと澱のあるような描写は M8 の美味しい所だよなーと思います。

シリーズが大分長くなってきましたが、次回は富岡の町を GXR とスーパーアンギュロンで撮った写真です。