Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

この旅行記録も、ようやく終わりが見えてきました。世界遺産認定間近の富岡製糸場の周囲にある、富岡の町の写真です。今回はGXR とSuper-Angulon 21mm F3.4 で撮影したものです。

富岡の町は全体的に良い感じの昭和感があります。この富士屋さん、こうみえて普通に営業している普通のお店です。特にレトロを狙ってるって訳じゃなくて、気付いたらレトロになってた、って感じが良いですね。


Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

何のお店なのかイマイチ分かりませんが、白い一階天井部分のアールがモダンレトロで良いですね。レースの両開きカーテンや角丸ショーウィンドウもポイント高いです。


Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

この写真で見て欲しいのは、左側にある看板です。「所刷印舎新又」と書いてありますが、そう、これ右から左に読むんですね(!すでのな)。と言う事は戦前からあるんでしょうか。


Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

とは言え、シャッターが下りっぱなしっぽい商店や、


Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

半ば崩壊しちゃってる所もあったりして、若干のカオス感もあります。


Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

崩壊した店舗は、わりとそのまま放置されています。


Super-Angulon 21mm F3.4 + GXR Mount A12

ここは、「ふじや」の看板越しに富岡製糸場の煙突が見えるのがポイントらしい。

この記事の写真を撮っていた頃は大分疲れてきてたので、全体的に構図が適当すぎますね…w
次の記事が最後の、M8 で富岡の町を撮った写真です。