hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカ M9, M8 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

2012年04月

ユリシーズの GXR ボディスーツ Mount A12 タイプ

ユリシーズGXR ボディスーツ マウント A12 タイプのチョコレートカラーを購入しました。

ユリシーズのその他の商品と同じく、化粧箱に入って届きます。

中には、ボディスーツとショップカードが入っています。

取り付けは両サイドのボタンで行います。もちろん、ストラップを付けたままで着脱可能です。ボタンには "ULYSSES" の刻印。

裏面は、マクロボタン以外は露出しています。どうしてもケースがかぶさってしまうマクロボタンは、ケースの上から押す仕様になっています。

下部はフルカバーされていて、メーカー名と "MADE IN JAPAN" の刻印。電池やSDカードの着脱は、一度ケースを外すことになります。三脚を取り付けることはできません。

所感


ストラップは同じくユリシーズのCLASSICO PICCOLOのチョコレート。

まだレザーが新しいからかもしれませんが、ちょっと滑りやすいように思いました。右手でカメラをホールドして左手でピント合わせや絞り操作をしていると、いつもより右手に力が入っていたのか、暫くすると右手が疲れてきました。ここはもう少しエイジングしたら、また感想を書きたいところです。

一方で、ボディにフィットしたスタイルやファインダーを覗いた時に香る革の匂いは最高です。GXR 用のレザーケースは他社からもいくつか出ているんですが、ユリシーズの他の製品のクオリティを知っていたので、これが出るまで待っていたかいがあったという感じです。

使い勝手の面では、フィット感の良さが逆に作用して、着脱に若干の時間がかかります。まあこれも時が経てば変わってくる部分だと思います。

LeicaII 型改 III 型 でフィルムカメラはじめました

バルナックライカの 2 型改 3 型を格安で入手しました。

製造番号は 95728 なので、1932年頃?の製造のようです。御年80歳。

バルナックライカの2型をベースに、スローシャッターとアイレットを増設したものになっています。

シャッターダイアルは2型のままなので、20-1 表記ではなく 20 表記のまま。表記が 20 なだけで、動作的にはスローシャッターになります。

あくまで2型なので、視度調整装置はありません。

以下、テスト撮影をぱらぱらと(作例と言える程のものじゃないです)。

続きを読む

戦前レンズで夜の桜を撮る

近所の桜を、FED 100mm F6.3 + GXR Mount A12 で夜間撮影してみました。さすがにこの F 値だと三脚を使っています。

近くに電灯があって、良い感じにライトアップされてます。

今年の桜もそろそろ終わりですねー。

  • GXR Mount A12
  • FED 100mm F6.3
  • F6.3
  • Adobe Lightroom3.6
  • 台東
記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S-E, M9, M8 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



タグ絞り込み検索
Google+オン Google+