hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカ M9, M8 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

2014年01月

伊東撮影旅行記録(ハトヤホテル編)

今回の旅行、宿泊先はハトヤホテルにしました。 そう、「伊東に行くならハ・ト・ヤ♪」の、あのハトヤです。 と言うのもこのハトヤ、かなりフォトジェニックなのです。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

どーん。 なんという昭和レトロゴージャス。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

昭和すぎる!(良い意味で)


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

消防隊を持ってるホテルなんて、そうそうありません。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

赤い絨毯にルサールの周辺光量落ちが伴って、何やら怪しい雰囲気に……。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

照明も高度成長期っぽいレトロさ。 そして照らしているのは、


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

温泉に無くてはならないアイテム、卓球台です。 昭和すぎてヤバイ!


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

そして、ハトヤホテルの一番の撮影スポットはここ、連絡通路です。 レトロフューチャーすぎる……! 天井の模様、窓の形、カーペットの柄、全てがスペーシーです。 ここを抜けたらワープしそう(言いすぎ)。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

Summarit の開放寄りで、ファンタジックに撮ってみても面白かったです。

いやーハトヤホテル、幼い頃から CM は見ていたんですが、今回はじめて行きました。「古き良き温泉旅行感」が最高に感じられるので、そういうのが好きな人には全力でお勧めです。
※ハトヤには、「サンハトヤ」と「ハトヤホテル」があるんですが、僕が今回泊まったのは「ハトヤホテル」の方なので注意です

伊東撮影旅行記録(民家と観光地編)

前回の商店編に続いて、今回は民家と観光地編です。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

謎のビニールシート(?)。 細かい端切れまでしっかり解像していて、M8 は 7 年前のカメラだけどこういうシーンでの性能は十分すなあ。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

あえての絞り開放遠景撮影。 こうするとソフトフォーカスっぽい描写になって、これはこれで面白いですね。


GXR Mount A12 + Jupiter-12 35mm F2.8

枯れ感の凄い民家。 こういう風景は Jupiter-12 で撮りたくなります。 このレンズは M8 でも使えるはずなんですが、レンズガードが無くて後玉がむき出しなので、怖くてまだ試してないです。


GXR Mount A12 + Jupiter-12 35mm F2.8

伊東はとにかく、味のある枯れた建物が多いです。 オールドレンズ撮影との相性は抜群。

さて、伊東に行ったら是非訪れたいのが、東海館いな葉(ケイズハウス伊東温泉)という、温泉旅館建築です。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

これらは大正末期〜昭和初期に建てられた温泉旅館で、東海館は文化施設として、ケイズハウスは素泊まり宿として見学や利用が可能です。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

僕はホテルのチェックイン時間の関係で、東海館のみ見てきました。 かなり味のある和室で、いやー凄かったです。1997年まで営業していたらしいですが、その頃も暖房は火鉢だったんでしょうか……。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

宴会場らしき広間。
内部は、かなり自由に歩き回れます。撮影も問題ないですが、光量がかなり少ないので対策してきた方が良いです。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

再び M8 の写真です。入り口上の意匠をアップで。 凝ってますなー。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

射し込む光が綺麗だったので、モノクロにしてみたり。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

かなり暗いシーンですが、開放 F1.5 という明るさが心強いです。 そして M8 のこの色合いがたまりません。

伊東撮影旅行記録(商店編)

伊豆の伊東に、撮影旅行に行ってきました。という訳でレポっす。
機材は GXR Mount A12 に Russar 20mm F5.6 と Jupiter-12 35mm F2.8 と、Leica M8 に Summarit 5cm F1.5 です。

何せ撮影を目的とした旅行だったので撮影枚数が多く、何回かに分けて載せてみます。まずは商店編から。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

タクシーの営業所って、何故か定番撮影スポットな気がします。 都心だと確かにこういう雰囲気の所は見かけないかも。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

半分シャッターが下りているけど、ショウケースに商品が並んでいるので、どうやら営業してるっぽいパン屋(?)。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

本日休業な雰囲気のひもの屋。 オールドレンズは錆びたシャッターが似合うなーと思ったり。


GXR Mount A12 + Russar 20mm F5.6

ココスの前に干物が干してありました。ココスで使うのか、それとも近くの別の店の物なのか……謎。


GXR Mount A12 + Jupiter-12 35mm F2.8

ここからは Jupiter-12 35mm F2.8 で撮ったものです。銚子の時も思ったけど、この枯れた色合いはこういう街に似合いすぎるなあ。


GXR Mount A12 + Jupiter-12 35mm F2.8

裏路地をフラフラ歩いてたら見つけた魚屋。 看板とか無いし、地元の人向けっぽい。


GXR Mount A12 + Jupiter-12 35mm F2.8

川と踏み切りと伊藤ハムという、何だか凄いスポット。 しかし伊東に伊藤ハムとは……。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

続いてはライカ M8 と Summarit 5cm F1.5 で撮影したものです。この少し色が転んで彩度の低い感じも、独特で好きだなー。


Leica M8 + Summarit 5cm F1.5

謎の土産物屋。こういう店って売り上げちゃんとあるんでしょうか。

記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ M9, M8 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



タグ絞り込み検索
Google+オン Google+