hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカS Typ007, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

2015年01月

ピアスとクレープ


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Simon
Franzi

ドンキホーテ前のクレープ屋でクレープを買っているところを見かけて、撮らせてもらいました。
顔にピアスしてたりして、もしかしたらちょっと怖い人かなーとか一瞬思ったものの、この通り笑顔とピースサインを貰えました。ピースって日本人なイメージがありましたけど、外国人さんもするんですね!

レッド・アンド・ブルー


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Sandra De Domenico

かわいい(確信)。
ストリート・ポートレートを撮る際は、当然ながら知らない人に声をかける必要があるのですが、大きく分けて「瞬間的に声をかける」と「暫く観察してから声をかける」の 2 パターンがあります。前者はひと目見た瞬間に魅力を感じた場合などで、今回のサンドラさんもそのパターンでした。

普段は、暖かめの色合いに現像することが多いんですが、サンドラさんは唇の赤みが印象的だったので、それを際立てるために青めにしてみました。あと爽やかなかわいさも出せたかなw

こちらこそメルシーボークー


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Jessie
Rachid
Christopher
David

スタイリッシュな外国人カップルを撮影するのはもちろん楽しいのですが、仲良さそうに盛り上がって秋葉原を楽しんでる男子's を撮るのもかなり楽しいです。
こちらの 4 人は、撮影をお願いしたら「of course!!」と笑顔で快諾してくれて、「連絡貰えたら写真送るよ!」って言ったら口々に「メルシー!」「メルシーボークー!」とお礼を言ってくれたりして。


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Jessy
Rachicl
Christopher
Davicl

ちなみに、ちょっと引いたカットだと、お約束のコトブキヤの紙袋を持ってるのが分かります。コトブキヤやまんだらけの袋を持ってると、「あっガチで秋葉原を楽しんでる人だ」って分かるので、親しみを感じるし声をかけやすい面がありますw

サングラスの奥の瞳


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Yulia
Grant

オールドレンズ仲間であり原宿ストリート・ポートレートの大家である一色さんが、「カメラを持っている人からは撮影を断られることが少ない」的なことをブログによく書いているので、僕も秋葉原で撮影する際についついチェックしてしまいます。
この写真だと見えないけど、女性の方がごっつい一眼レフを持っているんですが、撮影させて欲しい旨を伝えたところ快諾してくれたばかりか、「どっちを撮る? 二人でいいのかな?」みたいに気を使ってくれたりw


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Yulia
Grant

レンズはオールドレンズのズミクロン 50mm F2 の 2nd を使いました。いわゆる 6 枚玉というやつです。冬の光は結構コントラストが強いので、こちらのお二人みたいな黒い服装だと明暗差がかなり厳しくなるのですが、オールドの弱めのコントラストが功を奏して、またハイライトに強いと言われる M8 のセンサーも伴ってか、背景が白飛びせずに粘ってくれました。

道に迷ってるっぽい外国人を見かけたら積極的に話しかけるよっていう話


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
Nicole Knights

秋葉原を歩いていると、道に迷ってるっぽい外国人を見かけることがあります。進んだり止まったりを繰り返してたり、スマホと周囲を見比べてキョロキョロしてたりする人は、大抵がそれです。
こちらのお二人もそんな感じだったので話しかけたところ、「@ほぉ〜むカフェに行きたい」との事でした。@ほぉ〜むカフェはこちらの二人の時も道を聞かれましたし、外国人に人気の店なんでしょうか?

道案内すがら聞いたのは、オーストラリアから来ている事とか、この日が最終日だという事など。日本旅行の最終日に秋葉原を選んでくれたのは何だか嬉しいし、楽しんで貰えてたら良いなあ。

道案内と写真撮影


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
ブルーノ・スザート

何となく困ってそうだったので話しかけたところ、「@ほぉ〜むカフェに行きたい」との事だったので、店の近くまで案内してから撮らせてもらった一枚です。こないだのイタリア人カップルの時は撮影後に頼まれてメイドカフェに案内したけど、道案内してから撮影した方が良い表情を自然に貰えそうですね。

撮影後には、名刺を渡して連絡を貰えれば写真を送る旨を伝えて、あと名前をメモ帳に書いてもらってるのですが、ブルーノさん(男性の方)はカタカナで書いてくれました。日本語ができるのかと思ったら、名前だけ練習したんだとか。なんか嬉しいですね!

記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
タグ絞り込み検索
月別アーカイブ
Google+オン Google+