hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカS Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

2022年02月

Leicaで使うGodoxのワイヤレスフラッシュトリガーはどれを買うべき?

S__38469635
コマンダーとか送信機とか呼ばれる事もありますね

2016年にライカでオフカメラ・フラッシュする方法というエントリを書いた事があって、その頃はニッシンのAirを主に取り上げていました。時は流れ現在のストボロ・シーンで多用されているGodoxのワイヤレスフラッシュトリガーの知見が溜まってきたので、スプレッドシートに整理してみました。
ライカで使えるGodoxワイヤレスフラッシュトリガー

基本的には中央の接点が合えば発光はするはずなのですが、メーカーがライカ用と指定したGodoxトリガーが存在しない以上、情報をまとめておくのは有用だと考えています。
以下は、スプレッドシート以外の情報や個人的な感想です。画像をクリックでAmazonに飛びます。

XT16

GODOX XT16 カメラフラッシュ 2.4G スタジオフラッシュに適用

TTL機能が無く各メーカー用に機種が分かれて無いため、ライカで使うにあたってどのメーカー用にするかを迷わずに済みます。ただ、古い機種なのもあってか1年に1台くらいのペースで壊れます…w 後継機種が多く出ているためか品薄で、現在だと技適対応品を探すのに苦労するかもしれません。

ボタン類や液晶画面は古さを感じる物で、なんと言うか味があります。また、首に下げたカメラを持ち上げる際に、天を衝くアンテナが目に刺さりそうになる事があるので注意が必要です。

X1T

Godox X1T-N TTL Nikon用無線遠隔操作フラッシュトリガー  日本電波法取得 Pergear クリーニングキット付き

XT16よりも恐らく新しいモデルと思われ、通常使用には大きな問題が無いことから今でもこれを使っている人を見かけます。が、ことライカにおいては不安定な面があるため、お勧めはできません。
と言うのは、ロットによってニコン用では発光せず、キヤノン用を使う必要があるとのことです(情報提供:Ryowさん)。
他にも実体験として、ニコン用がLeica S Type007では発光してもLeica M-E Typ240では発光しない、という事がありました。ただ、後日試したら普通に発光したので謎ですね。接点の位置がギリギリなのかもしれません。

形状的には、ホットシューに取り付けると右側に膨らむ形をしているので、多くのライカボディでシャッタースピードダイアルの上にかぶさってしまい操作しづらいという難点があります。

XPro

【Godox正規代理&技適マーク】GODOX Xpro-Nラッシュトリガー 無線送信機 PERGEARクリーニングキット同梱

Godoxイケイケ期(要出典)に入ってからの発売な事もあってか、それまでのモデルよりも洗練されている印象があります。僕は先日購入したのですが、ニコン用を使って多くの機種で問題なく発光できています(ちなみに「ニコン用で発光可能」という情報もRyowさんから教えて頂きました。ありがとうございます!)。

操作性、視認性ともにこれまでのモデルよりも大きく改善しています。特に各グループの設定がひと目で見渡せる事とボタン1発でグループを選択できるのが嬉しいですね。回転するダイアルは下側から回し始めると使いやすい気がしています。
気になる点は、形状的に手前に少し飛び出しているので、取り付けるボディによってはファインダーを覗いた際におでこに当たる事でしょうか。

X2T

【Godox正規代理&技適マーク】Godox X2T-N TTL ワイヤレスフラッシュトリガー 1/8000 HSS ブルートゥース接続可能 新ホットシューロック 新AFアシストライト Nikonカメラ対応

まだ使った事が無いので実体験としての情報はありませんが、各種レビューだと、光量変更に使うダイアルが使いやすいとか取り付け時のロック機構が進化している事が、XProとの違いとして評価されているようです。あとXProほどの機能はいらないという層に刺さってる気がします。
また、ホットシューから左側に膨らむ形に変更されたので、シャッタースピードダイアルの操作を妨げないっぽいのはライカユーザーに嬉しいですね。

どのメーカー用を買うかという点については、恐らくニコン用で発光可能なのではと思いますが、今後購入したら内容をアップデートします。

結局、ライカで使うGodoxのワイヤレスフラッシュトリガーはどれを買うべき?

XProNかX2T-Nの2択かなと思います。どちらを買うかは好みの領域な気はしますが、個人的には画面が大きいXProの方が好みです。あと形状的に取り外す際に握りやすいかも。

本題はここまでです。以下はおまけコンテンツで、Godoxの各ストロボに関する雑記です。

続きを読む

Godox AD200用のシリコンホルダー「AD200Pro-PC」が良い感じだった件

S__37986310

コスプレを撮ってる人なら一度は使った事があると言われているGodoxのAD200ですが(要出典)、EC200を使ってヘッドを分離すると、この写真のように本体を床に転がしておく事になっちゃって収まりが悪いんですよね。クランプを使う方法もあるんですが、ライトスタンドがニッシンのスーパーライトスタンドなので、パイプが潰れそうで怖くてです。

S__37986311

その問題を解決できるアクセサリーがGodox公式からリリースされていたので、買ってみました。AD200Pro-PCというシリコンホルダーです。

S__37986309

装着すると、こんな感じで直立してくれます。

S__37986307

アップの写真です。かなりしっかりした作りで安心感があります。ちなみに、Amazonのページには「AD200Pro用」といった説明が書いてありますが、無印のAD200でも問題なく使えました。

続きを読む

2022年1月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2022年1月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのロリンチちゃん(上海バージョン)です。「ほんのり微笑だけど無表情っぽく遠くを見て」的な無茶振り要求に応えてくれて、イメージ通りの仕上がりになりました!

キャラ解釈的には、ロリンチは人造英霊なわけで、ホムンクルス的な試験管に入っているとしたらこんなイメージだったのでは…とか思わなくもないです(単にこういう表情で撮りたかっただけ説)。


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

続いてもミカさんで、キャストリアの全身写真です。LFIだと寄りめの写真が通る事が多いので、全身写真が通ると嬉しいですね。つま先から頭の先まで意識されたポージングのおかげでしょうか。

スタジオはいつものクォーツで、30-90mmを使う事が多いんですがこの時は調子が悪かったので、70mmでした。が、軽くて取り回しが良いし、どうせ広めに撮ってトリミングするので、わりとアリだなって思いました。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤは、変化球的な上から構図でした。目線が来てないカットだけどしっかりコヤンスカヤ感でさすがです!あと獣耳のモフモフ感が最高ですね。

Leica Sに30-90mmで撮っているので、多分座ってもらってる時に撮ったものかなあ。上から構図は自分の撮り方的には珍しめだけど、そういう写真が通ると嬉しいですね。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

今月のゆなまるさん大和は菜の花の大和です!かなり前の撮影なので記憶は曖昧ですが、はっきりしたポーズを取っている場面ではなくてウィッグを直してる瞬間に撮ったカットでしょうか。それでいてしっかり大和感があるのがさすがで、LFIエディターが選んだのも納得です。

カメラはM8、レンズはASPHルクス35mmと鉄板の組み合わせ。この構成大好きだけど最近は作品撮りで使ってないので、そろそろ使いたいですね。


ここからは雑記のコーナーです。直近のトピックスとしては、やっぱりライカM11の発売でしょうか。発表当日はTwitterでスペースしながらwktkしてましたが、Appleの新製品発表っぽい盛り上がりがあって楽しかったです。
発売した週末には銀座店に行って触らせてもらいました。在庫があったらワンチャン購入もありえましたが、幸い(?)にも予約で完売だったので冷静になってそのまま帰りました。ライカは頭がおかしくなってないと買えませんからね…。
ネット上の評判では、わりと不具合報告が目立っていた印象です。まあM型ライカのファーストロットはいつもそんな感じかなあと。画質についての評判はレビューサイトや個人発でも色々と見ましたが、最終的には自分で使いこんでみないと分からないので何ともですよね。
結局のところ、M11を買うかどうかで言うと、今のところはそこまでじゃないかなーという感じです。あ、でも、Super-Angulon 21mmが実用可能なのは惹かれます。あと1800万画素が使える事も。魅力はそれくらいかなあ。

最近、ローカルめな観光地に日帰りで出かけるのが結構楽しいです。空いてるし、お店の人ものんびりしてたりで快適です。写真も撮ってるんですが載せてないので、ちょくちょく載せていく所存。

冬服にそろそろ飽きてきたので春物を買い始めてるんですが、まだ着るのには寒いんですよね。早くもう少し暖かくならないかなー。

続きを読む
記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
時間のないサイト運営者リング(時間ねぇー)