Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

バズーカ二航戦など、いつもブッ飛んだコスプレ(褒め言葉)をしているノーマンさんですが、今回は「名取クス」です。名取クスとは、映画「コマンドー」の主人公「メイトリクス」から生まれた二次創作キャラです。
参考:名取クス - ニコニコ静画 (イラスト)


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

こちらはコマンドーの DVD のパッケージなどに使われている写真をイメージして撮影したものです。
この写真では、背景を黒バックに近づけようと露出を落としたり、肌の色をシュワちゃんに近づけるために補正したりと、現像時にいつも以上に色々やっています。


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

迷彩的なペイントを塗ってるシーンをイメージしたカットです。
こういうシーンは、男性レイヤーさんだと「指をあてる位置、もうちょい上っす!」とかの微調整を、実際に腕を掴んで調整できるのでやりやすいですw


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

大型拳銃のデザートイーグルです。名前が格好良くて中学生の頃にエアガンで持ってました。中二ですね(ダブルミーニング)。


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

アップでも。袖のレースが可愛いw


GXR Mount A12 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5
Model ノーマンさん

今回は、ライカ M8 の他にサブ機で GXR も実験的に持ち込みました。レンズは SWH 15mm F4.5 です。
やはり武器系は広角でパースを付けると映えますね! 標準域とは迫力が違います。

ただ、違うメーカーのボディを同時に使うと、やはり色味を揃えるのは難しいですね。 M8 の色味が独特すぎるという話はありますが……!


GXR Mount A12 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5
Model ノーマンさん

GXR で撮ったカットのデザートイーグルは、金属の質感が出るように意識して現像しています。結構イメージ通りにできてお気に入りです。


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

再びライカでのカットです。今回ノーマンさんが使っている装備類は、全て元ネタの映画コマンドーで使われた物と同一なんだとか!


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

ノーマンさんは、バズーカ蒼龍とかHOPPOの時を見ると、結構表情豊かなのですが、お気づきでしょうか。今回は無表情なカットばかりなのです。これは恐らく、劇中のシュワちゃんが基本的に無表情だからだと思うんですよね!


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

しかしノーマンさんはガタイが良いので、重火器がよく似合います。


GXR Mount A12 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5
Model ノーマンさん

M60 機関銃(と言うそうです)も GXR で。グワッときます。グワッと。


Leica M8 + SUMMARIT-M f2.5/35mm
Model ノーマンさん

最後は雰囲気写真っぽいカットで。現像時にかなり手を入れています。
いわゆる上手(画面向かって右側)から下手(同左側)に進んでいるイメージだったので、演出的なお約束をイメージして、上手側を暗めに、下手側を明るくして、ネガティブ / ポジティブを強調してみました。
参考:とある科学の超電磁砲 OPの演出の解説 一貫性のある正負の方向 - karimikarimi