L1001071
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

カメラ用に、karrimor(カリマー)のバックパック、イクリプス27を買いました。 色はカクタスです。
カメラ用のバッグにはいくつかのこだわりポイントを持っていて、イクリプス27はそれをかなり満たしているものでした。

サイドポケットにペットボトルが入ること

L1001077
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

個人的に超大事です。 ペットボトルの水滴が気になるし万が一キャップが緩んでいたケースを考えると機材と同じスペースにペットボトルを入れたくないので、ここは譲れないポイントでした。
あと、夏場は特にこまめに水分補給したいので、その意味でも外側にポケットがあった方が嬉しいです。

二つのフロントポケット

L1001078
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

フロントポケットは二つあると嬉しいです。 一つはこんな感じでカメラに関係の無い小物を入れて、

L1001081
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

もう一つには、ブロアーや予備バッテリーなどを入れたポーチを入れておきます。
余談ですが、アクセサリー類はポーチや巾着袋などでまとめておくと、忘れ物をしづらくなって捗ると思います!

PCスペース

L1001084
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

メインの気室の背中側にはPCスペースがあると嬉しいですね。 ロケ撮影時にはビニールシートや大きいサイズのゴミ袋なんかを入れたりもします。

ウエストベルトは無しか控えめに

L1001088
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

このイクリプス27は、その名の通り容量が 27L で、これ以上大きくなるとウエストベルトがごっつい感じになってきます。
登山をする訳では無いので、ウエストベルトが大きすぎるとちょっと恥ずかしいので個人的に大事なポイントです。

ショルダー部分にストラップの調整パーツがあること

L1001091
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

ここまでの条件に加えて、これを満たしているものを探すのが本当に大変でした。 これがあると、ハクバの首の負担がZEROフックを取り付ける事ができるのです。

L1001094
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

ZEROフックとは、こんな風に取り付けると、

L1001099
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

ストラップをそこに引っ掛けることで、首や肩にかかる重量を軽減できる素敵アイテムなのです!

L1001095
Leica T + Vario-Elmar T 18-56mm F3.5-5.6 ASPH.

……ちょっと見た目が悪くなったような気がしないでもないですね。

その他の情報

内部のクッション性はもちろん普通のバッグなので、インナーボックスを使っています。 確かエツミのフラップCだったかな。

スタジオ撮影なんかでがっつり機材を持って行く時は別として、撮影旅行や街中での撮影やイベント時は「いわゆるカメラバッグ」ではないものを使う事が多いです。
何度か持ち出しましたが、期待通りにかなり快適なので暫くはこれを使い続ける事になりそうです。