Leica M9 + Summitar 50mm F2

ズミター50mm F2とM9でぶらぶらしてきました。ズミタールって発音する人もいますよね。ちなみにGoogle翻訳の発音は「スゥミター」みたいに聞こえました(どうでもいい)。

Summitarは、オールドにしてはコントラストめっちゃ高いレンズだなーという印象です。レトロな沈胴鏡胴に油断しているとシャドウが強烈で驚くみたいな。その割に開放だと周辺の解像が甘くて、そのバランスでなかなか使いこなしが難しいレンズだなと思っています。


Leica M9 + Summitar 50mm F2

ハイライト部のハロが結構激しくて、こういうところはオールドだなーという感じです。


Leica M9 + Summitar 50mm F2

路地で見つけた、おにぎり・おしるこ・コーヒーそしてお好み焼きの店。なかなか凄いラインナップです。営業してたら孤独のグルメ的なノリで入ってみたかったかも。


Leica M9 + Summitar 50mm F2

エーックス! 開放で撮ると周辺が解像しないから、人物を撮る時は気を使うんですよね。縦構図だと特に、顔を中央に持ってこないと目がぼやぼやしてしまって。


Leica M9 + Summitar 50mm F2

XI(サイ)。
全然関係ない話なんですが、PSクラシックを買ったのでXIをやってみたんですけど、操作方法が全然わかりませんでした(説明書を読めという話


Leica M9 + Summitar 50mm F2

ズミターでガリガリにパラメータをいじるためのベースにするなら、周辺の解像不足も踏まえて構図を決めないとだめだなーみたいな写真。絞り選択も含めて何も考えずに撮ってると微妙な写真を連発しそう。