2019-02-19 22.45.50

YASHICA digiFilm Camera Y35を買いました。僕はカメラはほぼライカしか使って無いのですが、とある事情があり入手したのでした。

YASHICA digiFilm Camera Y35で得られる画像について


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 200

と言うわけで、YASHICA digiFilm Camera Y35を、わりと真面目に使ってみての感想です。

当然ながら、センサーサイズの小ささ(1/2.5インチ)から、普段使っている35mm判フルサイズ前後の機種とは全く違った写りをします。
そんな中で、スタンダードなdigiFilm 200は、レンズを通ってきた光を素直にセンサーに通して特に加工などはせず画像ファイルを生成する印象なので、このカメラの中では普通すぎてちょっと面白みに欠けるかもしれません。使いこなすのが一番難しそう。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 200

逆光気味に撮ったカット。ハイライトは白飛びしてしまって弱さを感じますが、ゴーストの形はなかなか面白い感じです。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 1600

digiFilm 1600は、高感度っぽいザラついた写真にしてくれます。ちなみにdigiFilm 200よりも解像感は高く感じました。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 1600


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 1600

このdigiFilm 1600の魅力は、90年代デジカメ風の写りかなと思っています。100万画素とかそれくらいの頃のデジカメの写りと似ている気がしませんか?


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 1600

あまり細かくない物を撮ると、粒子感もなかなか良い仕事をしてくれます。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm B&W

モノクロのdigiFilmは、結構コントラストが強めに設定されている気がしました。個人的にはモノクロは柔らかいトーンが好みなので、余計にそう感じたかもしれません。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm B&W

こちらも粒子感はなかなか。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm B&W

フラットめな光で撮ると、若干柔らかめに撮れるかも。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 6x6

6x6は、正直あんまり使ってません><
恐らく、「ファインダーは横長だけど撮れる画像は1:1」という所から、意外性のある画が撮れる所が魅力なのかなーみたいな。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm in my fancy

in my fancyは、レトロな風景を撮る時に適してそうです。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm in my fancy

わりと解像感は高め。SNS時代の「パッと見のインパクト」を重視したセッティングなのかな。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm in my fancy

ちなみに、カメラ側の露出の傾向は未だに掴めてないです。そのため、露出補正機能はあるんですが意図した露出にしようとするのはなかなか難しいです。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm in my fancy

このカット、トーンはかなり頑張ってる…気がしますw 闇の中にぼやっと何かの形が浮かんでいます。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm in my fancy

in my fancyは、digiFilmの中で一番使いやすいと思います。これを使ってレトロな被写体を撮れば、なんとなく映える画が撮れるんじゃないかな。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm YASHICA blue

一方で、意外に使い方が難しいのがYASHICA blueです。青っぽい写りになるのですが、単純にWBをいじった感じではないんですよね。このdigiFilmは、普通の感覚で使うとなかなかしっくり来る画が撮れませんでした。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm YASHICA blue

なんとなく、他のdigiFilmよりも解像感とかトーンとかが良く見えるような気がしないでもないです。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm YASHICA blue

ハイキーで吹っ飛ばすと、トイカメラ! っていう感じになるので、このdigiFilmは露出補正をプラス側にすると良さそう。

結局、YASHICA digiFilm Camera Y35はどう使うべき?


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm YASHICA blue

色々と使ってみて、まずは「YASHICA digiFilm Camera Y35はトイカメラである」と認識をするのが良いという結論に至りました。
提供元はトイカメラという売り方はしていないようですが(たぶん)、一通り体験した感じでは、トイカメラという受け止め方をするのが誤解がないと感じています。そういえばデジカメ Watchでも「トイカメラ」と表現していました


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm YASHICA blue

トイカメラなので、ちゃんとした写真を撮ろうとするのではなく、意外性のある写りを楽しむくらいの気持ちでいた方が良さそうです。と言うか、ちゃんとした写真を撮ろうとしても、現在の普通のデジカメの描写とは比べるべくもないので無理ゲーです。
ちなみに露出補正をプラス側にすると、わりと簡単にトイカメラっぽくなると思います。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm B&W

時には黒つぶれする事もありますが、むしろそれがカッコいい! くらいの気持ちで。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 6x6

このカメラ、普通の感覚で使っていると、ありえないくらいのブレ方をする事があります。どうも、シャッターを切った時に鳴るシャッター音(多分サウンドファイルを再生しているだけ)と、実際の電子シャッターのタイミングが同期しない事があるようです。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm 1600

そのため、時には電子シャッターあるあるのローリング現象も起きたりしますが、むしろ「当たりを引いてラッキー」くらいの気持ちでいきましょう。


YASHICA digiFilm Camera Y35
digiFilm YASHICA blue

「何が写ってるのかすら分からない写真が撮れた」ですか? 最高ですね!

YASHICA digiFilm Camera Y35のアクセサリー類について

2019-02-23 15.01.15

僕が入手した個体はストラップが付いていなかったので、別途購入しました。あえてチープにいきたかったので、中古カメラ市で買った300円のやつです。

あと、レンズキャップも付いてなかったので、フィルター径の37mmに合わせてカブセ型のキャップと、保護フィルターも購入しました。

2019-04-01 01.32.02

2019-04-01 01.30.24

digiFilmや交換電池は、フォトカノンで購入したTiny Containerがジャストサイズだったので、これに入れています。なかなか可愛いやつです。

YASHICA digiFilm Camera Y35の購入について

新品で買いたいなら、現在はAmazonでも購入できるようです。あとはヨドバシ.com ビックカメラ.comでも取扱がありました。

他に、マップカメラやメルカリやEbay等でもチラホラ見かけるので、中古が良い人は探してみると良さそうです。

ヤシカの「digiFilm Camera Y35」を実際に手にとれるリアル店舗が東京・有楽町にオープン - デジカメ Watchという記事もあったので、購入前にさわってみたい人は行ってみると良いかもです。

2019-03-01 23.06.06

おしまい。いい機会だから、トイカメラ写真の勉強してみようかな。