D9KXFLYU8AA5dEf

ライカM9系のセンサーが腐食(コーティング層の剥離)する事は、メーカーサイトでもアナウンスされています。ライカM9 / M9-P / Mモノクローム / M-EのCCDセンサーに関する最新情報(価格改定のご案内)

ライカのOpenChatで「これの症状が出ている写真って意外と出回ってないよね」という話題になったので、手持ちの写真をUPしたところ分かりやすいと評判だったので、ブログにも載せてみます。

m9_error
Leica M9

こちらが症状の出ている写真です(人物写真なので被写体にはモザイク処理をしています)。右上にゴワゴワと連続した模様が見えます。

m9_error2
Leica M9

分かりやすく囲んでみました(見づらい場合はクリックすると大きいサイズで確認できます)。このサイズのゴミという事は考えづらいですし、この日に撮影した写真全てに入っていたので、間違いないと思います。絞りはF8くらいだったと思います。

L1020179
Leica M9

同じ日の写真で、こちらは絞り開放くらいだったと思います。

L1020179_2
Leica M9

右下に同じ模様が確認できます。

冒頭で紹介したメーカーサイトでも説明されていますが、対策品のセンサーに交換する事で対応できます。

また、症状は個体差が大きいようで、他の人の話だと「ゴミ取りと同じ感じで除去できてた」という物もあったとの事です。

合わせて読みたい:ライカSのCCDセンサー腐食について : hamashun org