ライカの審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2020年9月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックすると、LFIの掲載ページに移動します。

L1015198-Edit
Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

9月もLeica Master shot(LFIで最高の写真)に認定されました! ゆなまるさんの桜大和です。背後から少し風がそよいでいる中の穏やかな表情が風情を感じてお気に入りです。

M8系の描写は最高に気に入っていて、コスプレ・ポートレート・スナップを問わずに多用しています。
色味がこなれすぎてないのか、あるいは解像感がちょうど良いのか、何がそんなに良いのか自分でもいまいち言語化できないのですが、とにかく自分の感性にフィットするようです。

こちらはPortrait Challengeにも掲載されました。

L1006271-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ゆなまるさん

続けてゆなまるさんの写真をもう一枚。こちらはBEAUTY & FASHIONカテゴリに掲載されました。

「FGOのネロをVOGUEテイストで撮影する」というコンセプトで撮影した中の一枚です。わりとコンセプトを持った撮影が好きなんですよね。
「VOGUEっぽい感じ」って色々あると思うんですが、こういうガッと寄ったカットってコスプレではあまり見かけないので新鮮かなと思います。ゆなまるさんにはちょっと緊張感を強いてしまったかもしれませんが…!

Vario-Elmar-Sのテレ端は90mmで、これは35mm版に換算すると72mm相当になるのですが、そのまま寄りすぎるとちょっと不安だったので、少し広めに撮ってトリミングしています。

L1005297-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんの水着雪風です。何度か書いてはいますが、水着雪風はちょっと成長した雪風をイメージしていて、ミカさんが表情や立ち方でその辺りを良い感じで出してくれました。

このカット、背景のマットな感じが落ち着いた感じを強調できてお気に入りです。カラーバックは彩度マシマシよりはちょっと落ち着いたトーンの方が好きかもしれません。

L1005963-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

カラーバックが続きます。ミカさんの袴マシュです。袴はいいぞ(定期)。
コスプレに限らず、ポーズにおいて手って重要な要素だと思うんですけど、だからこそ(なのか分かりませんが)たまに手を使わないポーズも撮りたくなります。モデルさんには表現力を求められるとは思うのですが、応えてくれて感謝しきりです。

ライカSでライティングして撮る時は、絞りはF11〜F16くらいまで絞る事が多いのですが、このカットは開放のF2.5にしています。更にかなり近寄ってピントが合う範囲を狭くして、現像で周辺を落として、表情に視線が行くような感じにしています。

L1005746-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

同じ撮影の写真です。赤いカラーバックに赤い傘を持った袴マシュです。チラッと見える足元が楚々として良いですね。

背景と同系色の物を置くと溶け込まないか心配なんですが、良い感じに撮れたかなと思います。

L1008541-Edit
Leica M9 + Summicron 35mm F2 (2nd)
ほずきさん

傘繋がりでほずきさんの鳩羽つぐです。アンダーな仕上げと裏腹な表情が印象的です。この日はあいにくの雨天でしたが逆に鳩羽つぐの雰囲気に合ってたかなーとか思ってます(ポジティブ思考)。

ズミクロン35mmの2ndは、開放だと結構ユルい写りかなと思います(少なくともうちの個体は)。周辺が甘かったり柔らかめの描写をするので、現像では柔らかさを強調しています。

こうして見てみると、オールドレンズでの撮影はひとつだけでしたね…! 最近はQ2の購入もあって現行レンズを使う事が多いので、そろそろまたがっつりオールドな撮影もやりたいなー。