ここ最近ライカM8を買う人が多い気がしているので、個人的経験から得たTips的な事を書いてみます。本当に単なる個人の経験なので根拠に薄いものもあるのでご注意ください。

M8には古めのSDカードを使う

SanDisk SDHCカード 8GB SDSDB-8192-J95A
SanDisk SDHCカード 8GB SDSDB-8192-J95A
僕が使っているのはこれです。レトロですね。

サンディスクの32GB Class10を使っていたら、電源を入れた後に「カードに書き込みできません」的なメッセージが出てシャッターが切れなくなる事がありました。この現象の厄介なところは、必ず起きるのでは無くたまに起きることです。そして一度発生したら、電源を入れ直したりSDカードやバッテリーを抜き挿ししてもなかなか直らない事です。

経験上で確度の高い対処法は、8GBのClass4とかClass2辺りのSDカードを使う事です。

撮影中にM8が動かなくなったら

フリーズとか割と起きます。その場合はバッテリーを抜いて数分待ってからバッテリーを戻せば、大抵は直ります。数分では直らなくて、もうちょっと長めの休憩を要求される事もあります。

連続でシャッターを切った場合には単に書き込み中なだけの場合もあるので、その際は電源を切らずにそのままじっと待つのが良いです(電源を切っても、書き込みが終わってからOFFになるはずではありますが、念の為)。

あとは、真夏の屋外で使っていた時にはオーバーヒートで動かなくなった事もありました。それからはカメラにタオルをかけて直射日光が当たらないようにしています。

予備バッテリーを持ち歩く

左肩の液晶でバッテリー残量がMaxでも、いきなり0になって電源が落ちる事があります。これは当然ながら、急に操作に反応しなくなって電源をON/OFFしても何も起きなくなるので本当に心臓によくないです。祈りながら予備バッテリーに交換しましょう。

なお、バッテリー残量表示がそもそもあまりあてにならないので注意が必要です。
他の人から聞いた噂だと、「バッテリー残量が1メモリ減ったら電圧が下がって書き込みエラーのリスクがあるので、交換する」という物もありました(真偽不明)。

液晶画面での操作はゆっくりと

以前、撮った写真の確認中にモデルさんが矢印ボタンを連打しまくったらフリーズした事があります。矢印ボタンを押してから写真が切り替わるのに少し時間がかかりますが、ゆっくり送っていった方がいいです。

M8にはレリーズボタンがお勧め

M8のシャッターフィーリングがキシキシに感じる場合は、レリーズボタンを使うと解決する事があります。M8.2以降は最初からスムーズなんですけどね。

ホットピクセル(ドット抜け・ドツト落ち)が出たら

撮影した写真に一直線のドット抜けが発生したら、カスタマーケアで修理が可能です。症状がひどくなければソフトウェアによる対応が可能で、修理代金もそこまで高くないです。

合わせて読みたい:ライカ M8 センサーの直線状ドット落ち(ノイズ)について

M8は、M型デジタルライカの初号機だけあってトラブルがわりと起きやすいと感じていますが、描写が独特で未だに手放せないカメラです。
Tipsは他にも何か思い出したら、随時追加していきます。