そろそろいい歳だし少しシュッとした服装もできるようになりたいなーと思って、お出かけ用の服を少しづつ変えていってます。そのアイテムの1つとして、靴を2足買いました。


Leica Q2

白い方。レザースニーカーというジャンルのジャーマントレーナーという形状らしいです。柔らかくて履きやすくて歩きやすい。でも汚れが怖くて恐る恐る使ってます。


Leica Q2

黒い方。Jalan Sriwijayaというインドネシアのブランドのローファー。硬くて履きづらくて歩きづらいけど、慣らすといい感じに馴染んでデレてくるらしい。本当かな。革靴に不慣れな事もあって、まだ固い状態では地元で出歩くくらいしかできてない。

革靴の知識がなさすぎたので、とある紳士の方にレクチャーして貰いながら買ったのだけど(超感謝)、銀座三越の紳士靴コーナーのお姉さんの接客がものすごく良かったです。足のサイズを見てくれるのも、単に縦幅だけでなくて足の形を見てくれて、自分の足が左側だけ甲高だなんて初めて知りました(慣らし履きしてると実際に左足だけ痛くなる)。
そういった接客に感激して買った部分も大きいので、いやー接客って大事ですね。ほんとに。