2018年にiMac27インチを買ったのと同時期にG-TechnologyのHGST 6TBを使い始めたんですが、そろそろ残り容量が心もとなくなってきたんです。色々検討した結果、HDDケースを買う事にしました。


選ばれたのは、裸族でした。定番ですね。RAIDとかNASも検討してみたんですが、僕の使い方や知識だとオーバースペックかなという感じだったので、単にたくさん積めるだけのタイプにしました。中身には10TBのHDDを2台買ったので、これで当分は間に合いそうです。

東芝エンタープライズHDD 10TB 3.5インチSATA 6Gbit / s 7200RPM(MG06ACA10TE)
HDDは東芝のエンタープライズ用を買いました。

HDDのファイルシステムは、検討した結果HFS+にしました。Windowsからも読み書きできるexFATも検討したのですが、調べていたら「ジャーナリングファイルシステムとやらに未対応」だとか「Macでフォーマットした物は仕様通りか不明」等の情報が出てきたので、ここは安全を重視してMacで昔から使われている技術にしました。Windows対応は、別途ソフトウェアを使えば読み書きも可能だそうですし。

購入したのは秋葉原のツクモ本店です。ここは店員さんのクオリティが安定して高いので、最近はPC系のパーツを買うのはツクモばかりです。この時もケースごとの細かいスペックの違いや、HDDのメーカーごと・モデルごとの違いを細かく分かりやすく説明してくれたので納得して購入できました。ただ、つくもたんがいなくなった事だけは残念です。

ちなみに余談ですが、逆に秋葉原駅の東側にある某量販店はイマイチでした。HDDケースの事を聞いても「まあどれも同じですね」という回答だったので腹落ちできなくて買わなかったのでした。接客って大切ですよね。