Studio Displayめっちゃ欲しい

今のメインマシンはメモリを40GBに増やしたiMac 27インチで、2018年に購入したものです。そろそろ買い替えを意識し始めているのですが、どうやらiMac 27インチはカタログ落ちしてしまった? ようで、代わりのモデルに悩んでいます。ので、ざっと整理してみました。

MacBook Air / MacBook Pro 13インチ

最新 Apple MacBook Air ノートパソコン: Apple M1 Chip、13インチ、8GB RAM、256GB SSD、バックライトKeyboard、FaceTime HDカメラ、Touch ID、iPhoneとiPadに対応 - スペースグレイ

115,280円〜 / 148,280円〜

  • 6Kモニタを1枚接続
  • 8コアCPU
  • 7コアGPU(+3万円で8コアGPU)
  • メモリ8GB〜16GB

外部モニタが1台までしか対応していないようなので、選択肢から外れました。普段使い用の27インチモニタの他に、コミケ原稿作業用のEIZOモニタを同時に繋ぎたいんですよね。

24インチiMac

2021 Apple iMac (24インチPro, 8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ, 8GB RAM, 256GB) - ブルー

154,800円〜

  • 6Kモニタを1枚接続
  • 8コアCPU
  • 7コアGPU(+2万円で8コアGPU)
  • メモリ8GB〜16GB

24インチiMacをメインにしてEIZOモニタを接続、という案も考えたんですが、LightroomやPhotoshopを使うとUIが画面の結構な範囲を占めそうなので厳しそうかなあ。

MacBook Pro 14インチ + Studio Display

2021 Apple MacBook Pro (14インチ, 10コアCPUと16コアGPUを搭載したApple M1 Proチップ, 16GB RAM, 1TB SSD) - シルバー

239,800円〜 + 199,800円

  • 6Kモニタ2枚接続
  • 8コアCPU(+6万円で10コアCPU)
  • 14コアGPU(+6万円で16コアGPU)
  • メモリ16GB〜32GB

モニタが2台いけるのは良いんですが、この値段になってくるとMac Studioがチラついてくるんですよね。GPU性能が数字上でだいぶ違いますし。

「モニタがStudio Displayの必要はあるのか?」と言うと、必要だと思ってます。モニタでRAW現像の仕上がりが大分変わっちゃうのを実感しているので(眠めのモニタで現像すると、コントラストを上げすぎてしまうなど)、そして27インチiMacのモニタでの現像がかなり良い仕上がりにできているので、そこは維持したいなと。

MacBook Pro 16インチ(M1 Pro) + Studio Display

2021 Apple MacBook Pro (16インチ, 10コアCPUと16コアGPUを搭載したApple M1 Proチップ, 16GB RAM, 512GB SSD) - シルバー

299,800円〜 + 199,800円

  • 6Kモニタ3枚接続
  • 10コアCPU
  • 16コアGPU
  • メモリ16GB〜64GB

正直なところ、14インチとどのくらい性能差を体感するか全く分からない。俺たちは雰囲気でMacを買っている。
そもそも、メインマシンは持ち運べる必要無かったりします。停電とかブレーカーが落ちた時にも安心というのはあるけど、外付けHDDは電源が落ちるからそんなに安心では無いですし。

Mac mini + Studio Display

2020 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 256GB SSD)

79,800円〜 + 199,800円

  • 6Kモニタと4kモニタを1枚づつ接続
  • 8コアCPU
  • 8コアGPU
  • メモリ8GB〜16GB

6kモニタ1枚と4kモニタ1枚を接続できるので、意外と良いのでは……?と思っているのがMac miniです。問題は8コアCPUと8コアGPU、メモリ最大16GBというスペックが、用途的に実用可能なのか? というところ。まあぶっちゃけ試してみないと分からないんですよね。メモリとストレージを盛ってキーボードとか付けると17万円くらいになる。

Mac Studio + Studio Display


249,800円〜 + 199,800円

  • 最大5台のモニタを接続
  • 10コアCPU
  • 24コアGPU
  • メモリ32GB〜64GB

+22,000円で32コアGPU、+44,000円でメモリを64GBにできる。もうなんかよく分からないけど何でもできそうな安心感がありますね。しかし中古のLeica M10に手が届くのでは……という価格はちょっと尻込みしますね。

買い換えるなら、少なくとも現状のiMacよりは速度が上がってほしいと思っています。が、Lightroomのリアルタイム表示はビデオ性能が重要らしいので、Radeonのビデオカードが4GB入ってるインテルiMacよりも上の性能をM1 Macが出せるのかは気になりますね。