Leica Q2

無印良品銀座店で開催中のMid-Century MUJI 展に行ってきました。無印良品の製品をカスタムしてミッドセンチュリースタイルにリメイクするという企画です。フォトレポート的な感じでやっていきましょう。


Leica Q2

入口。右側にチラ見えしている部分が「それっぽくて」テンションが上がりますね。


Leica Q2

中に入るとこんな感じです。これら全てが、無印良品の製品をカスタムして作られているんです!この手のデスクや収納って、ガチのミッドセンチュリー物を探すとかなりお高いんですよね。あとアメリカンなサイズなので日本の住宅に合わせづらかったりして。そこいくとベースが無印良品なので扱いやすい価格とサイズ感です。


Leica Q2

オフィスをイメージしたエリア。かなり「ぽい」ですよね。ファイルケースを縦にすると雰囲気出るんですねえ。ちなみにイームズのサイドシェルチェアは本企画の対象外で、普通にイームズです。


Leica Q2

こちらは北欧を感じるスツール郡。無印良品のスツールにミッドセンチュリーなファブリックを使ってリメイクしているわけですね。


Leica Q2

こちらのソファも、ソファ自体は無印良品の物だけど、ファブリックを張り替えてそれっぽさを出しています。


Leica Q2

壁にはこんな感じで解説もあったり。


Leica Q2

展示はオフィスエリアと私室エリアに分かれていて、こちらは私室の方です。リビングはミッドセンチュリーモダンなスタイルにおいて存在感のある部分ですから、展示品の気合いも感じられます。

手前に見える黒いベッドは、無印のフレームにカスタムで脚を取り付けています。ミッドセンチュリーの家具は空中に浮かせがちですよね(写真だと脚は見えないですが)。そしてマットレスのカバーを変えて、円柱状のボルスタークッションも同じ生地が使われています。ちなみにクッションの中身は普通のヨガ用クッションだそう。


Leica Q2

ソファ類はファブリック張替えで、白い収納は大きい方はケーススタディショップのTVボード……ってここだけ何故か無印良品ベースじゃ無いんですよね。謎です。


Leica Q2

イームズのLTRっぽいローテーブルは、プライウッドの天板に無印良品のシンク下収納の脚を付けた物だそうです。これはアイディア商品すぎますね!高さが2種類あるのも良いなあ。


Leica Q2

大型シェルフの向こう側は、また雰囲気の異なるエリアです。ボールクロックやサイドシェルチェアは本物を展示してますね。


Leica Q2

ジョー・コロンボの万年カレンダーも飾ってあったり。関係ないけど僕は万年カレンダーって絶対に途中でめくらなくなっちゃう人です。


Leica Q2

無印良品のアクリルケースにミッドセンチュリーな取手を付けるだけで、かなり印象が変わりますね。とは言え、中身が丸見えなので入れる物のセンスが問われます。


Leica Q2

そしてこの壁面収納がヤバい!シャルロット・ペリアン風の収納棚です。無印良品の壁に付ける棚とスチール仕切り板を組み合わせているわけで、いやーこれは発明ですね。めっちゃいいです。

ペリアンのオリジナルは、数年前にMid-Century MODERNに出ていたのが確か300万円くらいでしたし、デカくて重いので庶民の家だとなかなか難しいですよね。となると、こんな風に工夫してテイストの近いものを作ってしまうのはアリ寄りのアリな気がしています。


Leica Q2

この位置関係で撮りたかった一枚。ちなみにガラスで仕切られて中に入れないようになっています。

と言うわけで、Mid-Century MUJI 展のフォトレポートでした。ちなみに、展示だけでなくてcase study shopさんに依頼すると、同じカスタムで作ってくれるとのことです。プライス・リストは展示会場で無印良品の店員さんに尋ねると貰えました。

あくまで無印良品の製品がベースなので、基本的なクオリティは無印良品グレードであって高級家具のそれではない事には注意が必要です。ただ、ミッドセンチュリーモダンの家具に興味があるけど敷居の高さを感じてしまっている人なんかには、めっちゃ良い企画だなって思いました。

モダン・レトロ―ミッドセンチュリー・モダンと暮らす E.T.style
僕のバイブルです。だいたい全てのことがこの中に詰まってます。


カフェのインテリア: 私っぽいが見つかるお店33+25 (アスキームック Cafe time BOOKS)
バイブルその2。今はなき中目黒の伝説的なカフェ、オーガニック・カフェの写真が表紙になっているのです。


超’70年代スタイル: 日本のインテリアの変遷 1964-1999
日本のミッドセンチュリー・モダンを知りたかったらこちら。


Living With Charlotte Perriand
シャルロット・ペリアンの棚を飽きるほど見たい場合はこの本。


1000チェア (タッシェン・クロッツ・シリーズ)
とにかく椅子を見たかったらこれ。いまプレミア付いてるんだなあ。