Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5

2022年に「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」に行ってきた話というブログを書いたのですが、その展示で撮ったまだ載せてない写真があったので、3回に分けて載せていきます。「何でそんなに大量に撮っていたの?」って、そりゃあこの展示に4回行ったからです。

語るべきことは既に2022年のブログで語ったので、このシリーズは基本的には写真がメインになります。文章はたまに補足程度を入れるかもしれません。


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5

レンズはオールド・ズマリットです。屋内で使うズマリットは収差も穏やかで、柔らかさがかなり好きです。


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5

コラボパフェ。本気のクオリティで大変美味しかったです。

いやあ良いですね、プルーヴェ。どうにも僕は木と金属を組み合わせた家具が好きっぽいので、そのあたりでプルーヴェやイームズはかなりドンピシャなようです。本気の家具クラスタからすると定番すぎるアイテムではありますが、好きなものは好きだからしょうがないですし、メジャーだということは入手性も良いので趣味としても肩を張りすぎずに楽しめますしね。

あ、入手性が良いとは言っても、コピー品はダメですよコピー品は。「リプロダクト」とか耳障りの良い言い方をしてコピー品を売っている業者がいますが、コピーはあくまでコピーですからね。一見すると似ていても同じ体験ができる保証はどこにも無いのです。その辺りは以下が分かりやすいので、「リプロダクト(コピー)のデザイナー家具」を検討している人はぜひ一度チェックしてほしいです。

Jean Prouve: Constructive Imagination
展示の図録です。1年半が経って見てみたら、やっぱりプレミア付いちゃってました。


ジャン・プルーヴェ 20世紀デザインの巨人 (Pen BOOKS)
こちらも名著ですが、やっぱりプレミア付き。家具の本とか増刷は期待できませんし、気になったら即確保ですね。


Pen 2002.81 No.88 ジャンプルーヴェ
上の本の元になったと言えるのが、プルーヴェ特集が載っている号のPenです。これにもプレミアが……。


Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2000年 12月号
こちらはまだ「発見」されてないのか、安価に購入が可能です。「人気上昇中」として、巻末の数ページにプルーヴェ特集が組まれています。情報量はそんなに多くないですが、日本語のプルーヴェ情報を抑えておきたいなら手元に置いておきたい一冊です。