hamashun org

ライカで秋葉原の街や人、コスプレやポートレートなどの写真を撮っています。使用機材はM-E Typ240, M9, M8.2, M8, Q2, S Typ007, T, D, 3g などと、ライカマウントレンズが中心です。

ライカでコスプレ撮影

Lightroom / Capture Oneプリセット「Prominence(クロカワプリセット)」をコスプレ写真で試してみたよ

プロフォトグラファーのクロカワさんが2023年の年末にリリースしたLR/C1プリセットの「Prominence(通称クロカワプリセット)」を購入したので、コスプレ写真で試してみました。

条件

  • 写真データはスタジオ クォーツの白ホリで撮影したものです
  • カメラはLeica S Typ007で、レンズはSummarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
  • WBは晴天
  • ストロボ使用
  • RAWデータをLightroom Ver.13で読み込み、プリセットを当ててから微調整しています
  • 微調整の内容は、明るくなりすぎた部分を戻したり、ライカあるあるの色飽和を抑えるなどの軽微なものです
  • 人物の肌をコスプレ的に明るめにもする調整もしています
  • 本プリセットのキモとなるトーンカーブはいじってません
  • Lightroomの編集作業後に、Photoshopでコスプレ的なレタッチをしています(肌をスムーズにするなど)

プリセット無し


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

比較用として、いつもの感じで自分でイチから現像した写真を載せてみます。ハイキーめに振りつつも白飛びはしないで、やや青みを加えて爽やかにしつつも不自然な色転びはせずに、コントラストはそこそこ付ける。肌は明るめ・柔らかめといったイメージです。
肌の色をイメージ通りにしながら全体のコントラストや彩度を調整するのが、いつも結構大変なんですよね。

編集内容としては、LRのパネルで言うと、基本補正・トーンカーブ(RGB含め)・カラーミキサー・カラーグレーディング・キャリブレーションなど多くのパラメータを手間をかけて調整していますが、そのかいあって自分の求めるイメージ通りの仕上がりです。

Primitive


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ここからはプリセットを適用していきます。まずは「陰影感のコントロールを目的とした色を変えないプリセット」というPrimitiveを試してみました。RAWデータを読み込んだ時点の眠い状態から、一発でトーンがビッと出てきました。
その後は微調整しただけでこの仕上がりなので、ワークフロー的にかなりの時短が期待できそうです。

今回は色味はあえて殆どいじってませんが、このプリセットでは色に関するパラメータは殆ど利用されてないので、お好みで自由に追加の編集ができます。

Blue Platinum


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

次は「透明感のあるブルー」が得られるBlue Platinumです。適用するだけでまさに「透明感のあるブルー」テイストが得られるので、これは個人的にかなり好みのプリセットです!特に肌の感じがすっきりしやすいように思いました(肌質にもよるかもしれませんが)。

RGBのトーンカーブはがっつり設定されているので慣れてないと調整するのは難しいかもしれませんが、カラーミキサーやカラーグレーディングを使えば、利用者側でも更に色を調整できるはずです。

Rose Gold(Soft)


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

各プリセットには、それぞれソフト・ハードのバリエーションがあります。というわけで、こちらは「品よく赤みが入る暖色系のプリセット」Rose Goldのソフトを適用しました。
実は最近は暖色系の色味にする事もちょくちょくあるのですが、寒色系に比べると経験値が低いのでこのプリセットはとても参考になります。暖色系を入れるのってやりすぎると顔色がおかしくなっちゃうけど(これは暖色に限らず色を入れるとそうですが)、上手くやれば暖かみとか柔らかさとほんのりレトロさが出て効果的な気がしています。

もともと柔らかめのトーンが好きという事もあってソフト系はどれも気に入っていますが、このプリセットは適用した時点でかなり好みの状態になりました。

Monochrome(Hard)


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

最後に試したのは「しっとり優しい、丁寧に階調を描く」モノクロプリセットのMonochromeです。適用したのはハードなので多少のパキッと感が出ましたが、それでも白飛び黒潰れはしませんでした。モノクロ写真は極端すぎないトーンが好みなので、このプリセットもかなりツボです!

粒子や調色などの余計な味付けがされておらず尖ったところが無いので、モノクロ編集の下ごしらえとしてかなり便利なプリセットだと思います。

まとめ

これまでに、「特定のフィルム製品の描写をシミュレートしたプリセット」なんかも使った事はあるのですが、あまりに「そのプリセットの写真」になってしまうので、遊びで使ったり日常写真に適用するくらいが多かったんですよね。その点でクロカワさんのProminenceプリセットは、どれも「やりすぎじゃない、下準備のプリセット」という印象なので、そこから先の味付けを自分で決められる、つまり「自分の写真にできる」余地があるのがとても良かったです。
あと、最前線で写真を撮りまくってるプロのフォトグラファーのトーンカーブが一例でも見られるのは、めっちゃ勉強になりますね!

逆に気になった点は……個人的には特に無いのですが、「プリセット一発でバチッと決めたい」を期待すると肩透かしを食らうと思います。上質な出汁みたいなプリセットなので、そこから先の工程も大切なんですよね。
あとは、「クロカワさんみたいな写真にしたい」人もちょっと期待と違う結果になるのかな? いやこれは分からないですね。下手な事は言わないでおこう。

ちなみに、今回試さなかった5つめのプリセットに「Nostalgic」があります。これは外ロケや日常写真で使う事を想定されてるようなので、今回の白ホリ写真には使いませんでした(試してはみたけど、あんまりピンとこなかった)。どんな感じかは、実際に購入してキミの目で確かめてくれよな!

なお、2024年1月末までは発売記念のセール価格で15% OFFとの事なので、気になった方はお早めのお求めが良さそうです。
LightroomのみCapture Oneのみ両方セット(お買い得)の3つがあるので、購入の際は間違えないようにご注意ください。

2023年9月~12月にLFIギャラリーに掲載された写真

「ライカと写真」がテーマの雑誌LFI(Leica Fotografie International)の編集部が運営する審査制フォトギャラリー、「LFI.Gallery」に2023年9月〜12月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのクリームヒルト第一再臨です。喪服がモチーフの衣装という事で、表情も悲しみとやがて湧き上がるであろう復讐心的なシリアスさが感じられますね…!ちょっと角度の付いたポーズは立体感があって良い感じです。

撮影的にもダーク寄りのイメージを後押しするために、顔の向かって左側や周辺光量を暗く落としたり、向かって右側の目を明瞭にしたりしています。


Leica M-E Typ240 + Hektor 7.3cm F1.9
ミカさん

ミカさんでもう一枚。後宮の烏の柳寿雪です。「後宮の烏」めっちゃ良いアニメなんですがあんまり知られてないので、全人類に見てほしい…!
さて、さすがアンニュイな女に定評のある(要出典)ミカさんという感じで、しっとりした雰囲気です。あと衣装の柄が中華ファンタジーの雰囲気出てますよね。

背景は少しこだわっていて、頭の後ろに赤い花がくるようにしてアクセントを付けて、その左右の枝でざわっとした感じをイメージしています。後宮の烏は幽鬼とか出てくるからね。
ちなみに、人物の後ろにわっと咲いてる花を持ってくるのはエグルストンの写真でしばしば見られますが、あれ結構好きでよくイメージソースにしています。

Hektor 7.3cm F1.9についても少し。このレンズ、使いこなすとめちゃめちゃ魅力的な描写をしますが、その難易度は結構高い印象があります。かく言う僕も、入手してから数年経ってようやく満足いく結果を残せるようになりました。ポイントは距離感とピント精度を追い込むことかなと。


Leica M9 + Summitar 50mm F2
ゆなまるさん

ひさびさ、ゆなまるさんの和服大和です! 撮影は2016年ですが、2023年に新たに現像したカットです。この時がゆなまるさんとの初個撮でしたが、どうですかこの完成度!しびれますね。少し曖昧な表情と襟元に添えた手が魅力です。

レンズはSummitar 50mm F2という事で、絞り開放の解像は中央付近のみです。顔を少し上に配置してしまうと目の辺りがボヤッと写ってしまうので注意が必要なわけですね…!

そう言えばこの写真も背景に花がありますね。この頃からそういうの好きだったみたいです。


Leica Q2
すいそさん
※特別な許可を得て撮影しています

すいそさんの和服マリー・アントワネットは、C89和風タペストリーの衣装です。異国の装いに身を包んだマリーの王妃スマイルが素敵ですね!すいそさんの微笑みの口角の上がり具合がね、いいんですよね。

この時の機材はM-E Typ240 + オールドレンズとQ2の2台体制だったのですが、こちらはQ2の写真です。Q2のファインダーはEVFでありながらトリミング枠が表示されるものなので、周辺を確認しながら撮れるのが良いですよね。その分モデルさんの表情はちょっと見づらくなるんですが、そこは表情に定評のあるすいそさんなので安心して撮れるのです。

写真は以上で、ここからは雑記のコーナーです。
2023年7月頃は展示の準備で忙しくなってしまって、あまりLFIに投稿できていませんでした。振り返れば2019年7月から毎月掲載を自身の目標に課して、そして達成してきましたが、良い機会だと思って今後はもう少しゆるい感じで投稿していく事にしました。
とは言え、良い写真が撮れたら投稿していく事には変わりないのですが。

サムレムが気になってます。サムレム。そう、Fate/Samurai Remnantですね。今月にはFGOでコラボが開始されますし、イージーモードだとアクションも簡単とは聞くので、さらっとやってみようかなー。でも結構ボリュームありそうだなあ。

冬コミは一般参加でした。私生活の方で色々が進行中で、そっちにリソースを回すためにサークル活動はお休み中なんですよね。遅くとも2024年の冬コミでは復活予定です。
冬コミ、なかなかの混雑ぶりでしたね。準備会の想定よりも参加者が多かったんじゃないかなあ。現場のスタッフが「人(スタッフ)が足りない〜!」って叫んでるシーンも見かけました。参加者が戻ってきたのは嬉しいけど、チケットの枚数は増やせないって話なので、今後しばらくは一般参加もハードルが上がりそうですね。

続きを読む

2023年6月にLFIギャラリーに掲載された写真

「ライカと写真」がテーマの雑誌LFI(Leica Fotografie International)の編集部が運営する審査制フォトギャラリー、「LFI.Gallery」に2023年6月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのクリームヒルトです! このね、身体の捻りとその反対に小首をかしげた感じのバランスが絶妙なんですよね。 第二再臨はちょっと可愛さも感じる衣装という事で、髪に触れてるのとか表情にもその辺りが良く出ていますよね。

撮影時の意識としては、可愛さはコスプレイヤー側で出せるでしょうという事で、少し周辺やサイドの光量を落として、ただ可愛いだけにはならないように意識しています。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのBBちゃん、視線を外した表情と、S字的なライン作り、そして左手の袖が広がっているのが見えるところが良いのです。
ところで、BBちゃんはちゃん付けせずに「BB」って呼ぶとなんかしっくり来ませんね。

四辺全てで身体がはみ出るようにフレーミングしているのですが、撮影時には余裕を持って撮っていて、編集時にトリミングで追い込んでいます。よく「セレクトは第二の撮影」なんて言いますが、個人的には「トリミングは第三の撮影」かなって思ってます。


Leica M-E Typ240 + Cosina Ultra Wide-Heliar 12mm F5.6 Asph.
ミカさん

水着マシュの海撮影です。えーhamashunさんも水着撮影とかするんですね!しますよ、5年に1度くらい!(超レア)
爽やかな海風に髪を揺らすマシュが気持ちよさそうですね。個人的にも好きな写真です。

UWH 12mmという超広角レンズで撮影していますが、水平を取って頭を中央に配置する事で、空を広く入れつつ人体は違和感ない形にしています。

写真は以上で、ここからは雑記のコーナーです。2023年6月の掲載分を2024年1月に更新という事で、えらく時間が空いてしまいました。展示展示のお疲れ様本の制作でバタバタしてたとは言え、半年はちょっと空きすぎですね。反省。

最近のライカについて。デジタルM型ライカはちょっと値上がりすぎておいそれと手を出せないなあという感じに。M10が40万円台の頃に確保しておけば良かったなあ。値上がりもありますが、そもそもタマ数が無いのも困りものですね。海外にで出ちゃってるのかなあ。

続きを読む

2023年5月にLFIギャラリーに掲載された写真

「ライカと写真」がテーマの雑誌LFI(Leica Fotografie International)の編集部が運営する審査制フォトギャラリー、「LFI.Gallery」に2023年5月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのクリームヒルト第一再臨です! ミカさん、クリームヒルトにはめちゃめちゃおハマりあそばされたようで、衣装制作もかなり気合が入ったようでした。第一再臨は喪服モチーフなので実際の喪服に使われる生地を使ったのだとか。造形は苦手と言ってましたがバルムンクも凄いですね!

スタジオはいつものクォーツでしたが、闇寄りなキャラクターなので撮り方はいつもよりも陰影多めを意識しています。あと肌がマジ真っ白なキャラデザなので、Lightroomでイエベをブルベに寄せた上で更に白くしています。結構楽しいんですよねこういった作業。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
すいそさん

安心安定のすいそさんのマリーです! このカットではどこか緊張感のある表情が良いですね。外した視線も効いてます。

FGOにおけるマリーはポジティブさの中にも史実ゆえの暗い部分を抱えてると思うんですが、それすらも認めた上で笑顔でいる気がしていて、そういう所がめっちゃ良いなと。なのでこの時の撮影は、明るいだけでなくてシェードも意識的に入れています。

写真は以上で、ここからは雑記のコーナーです。段々と蒸し暑くなってきて、夏が近づいてきた今日この事ですね。湿気がね〜。もう少し無ければ夏も快適だと思うんですけどね。もうわりとイイ年齢になってきてるのでファッション的には夏も長袖長ズボンで過ごしたいと思うんですが、暑すぎて今年も半袖半ズボンの小学生ファッションになる事間違い無しだぜっ。

FGOはボックスイベントが終了しましたね。今回は別件が忙しすぎてあまり回れなかったのですが、まー必要最低限の育成は終わっているので大丈夫かな…! 今年はミクトラン、GWとやべー鯖たちが実装されたので、周年〜夏イベはどうなってしまうのか今から震えています。ぶるぶる。

最近、沖縄タコスがアツいんです。タコスって、メキシコは焼いた柔らかい生地でアメリカはカリッと揚げた生地なんですけど、沖縄はその中間で柔らかく揚げてるんですよね。もちっとじゅわっとで最高なお味なんですけど、関東では食べられるお店が中々なくて。何軒かは見つけてるんですがすぐに行ける感じでもないので、機会を作って行きたいです。

続きを読む

2023年4月にLFIギャラリーに掲載された写真

「ライカと写真」がテーマの雑誌LFI(Leica Fotografie International)の編集部が運営する審査制フォトギャラリー、「LFI.Gallery」に2023年4月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica M8 + Summicron 50mm F2(2nd)
ミカさん

ミカさんのヴァイオレット・エヴァーガーデンは、少し前に撮影したものです。白ホリやカラーペーパーでの撮影も好きですが、ロケーションと一体になったコスプレ写真も好きです。コスプレイヤー側も撮影側も使う能力が違う所があると思っていて、楽しいですね。

この日は天候が悪くて、このカットを撮った時も小雨が降っていたと思います(それで傘をさしてもらった記憶)。空も曇天でグレーだったので、トリミングして切っちゃいました。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

4月はもう一枚ミカさんです。みんな大好きスタジオ クォーツで撮ったシエル先輩。ひねりと振り向きと衣装によるこのラインが最高ですね! 更に両腕によるS字と、襟と胸元の空間でご飯3杯は確定ですよ。おかわりください!

カラーペーパーは最近、グレーが結構気に入ってます。一見すると地味ですが、その実シックな背景でキャラクターを強調できる気がしています。華やかなキャラだったら色味のある系の方が良いかもですが、シエル先輩のような奥行きのあるキャラだとグレーが似合う気がします。

写真はここまで。あとは雑記です。

グリッドマンユニバース観たんです。いやー最高でしたね。観たいものがほぼ全部入ってました。あとはストロボメモリーが流れれば完璧だった(ストロボメモリー好き)。バトルやらメカやらは完全に満腹で大満足ですが、よもゆめとゆうりつも最高で完璧でしたね!よもゆめは最早イチャイチャを見せてくれればスイーツごちそうさまですが、ゆうりつがね、夜の公園最高でしたね!思うに中高生の頃って家には家族がいるし気軽に飲食店に入れる程には収入が無いから何かと公園でダベりがちですよね(あのシーンは学校への戻り途中なのでまたちょっと違うけど)。そんな自分の10代の頃の思い出やらがオーバーラップしつつで最高のシーンでしたよ本当に。アンチくんはもうちょっと空気読んでね?と思いきやあれが結果的にラストシーンに繋がったと考えれば逆にGJなのでは?(ここまで早口)
あと、ちせとゴルドバーンとか、蓬とガウマさんとか、ガウマさんと姫とか、再開できて良かった組は本当に良かったねえ。あー観たいものがほぼ全部入ってたわ〜。

しかし夢芽さんはキャラデザすごいツボなんですよね。特に冬服のブレザーが好きです。ツリ目なのにダウナー系なのが良いのかなあ。あと若山さんのハスキーボイスや演技もすごく好きです。

続きを読む

2023年3月にLFIギャラリーに掲載された写真

「ライカと写真」がテーマの雑誌LFI(Leica Fotografie International)の編集部が運営する審査制フォトギャラリー、「LFI.Gallery」に2023年3月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのBBちゃん、指示棒を持ったポーズです。手の表情と、ちょっと唇を釣り上げた感じが良いですね! あと襟の形が配置的に良いバランス取ってくれてると思います。

BBちゃんはちょっとダークなイメージなので、ライティングもいつもより影が出る感じを意図しています。好き好き黒カポック。ちなみに周辺の光量落ちは現像で出しています。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
すいそさん

すいそさんのマリーは表情がね、めっちゃ良いんですよね! なんかこう高貴なオーラを感じるのです。あとこの写真で言うと右腕と背中の間の空間が好きです(謎)。

マリーの通常衣装は帽子のボリュームが大きいので、フレーミングはこのくらいがバランス良いですね。上に余白を入れるとちょっと説明的すぎるかなと思ったので、トリミングで切って整えています。

写真は以上で、ここからは雑記です。
インド映画に興味が出たので、ひとまずアマプラで観られるバーフバリ2作を観たのですが、独特の面白さを感じました。 ハリウッド映画や日本のアニメ映画とは違う感じと言うか。 凄い高いところから落ちてもピンピンしてたり、気付かれずにタトゥーをちょいちょいって入れたりみたいな、ギャグなのかマジなのか分からないノリとかね。
あと全体的に神話っぽい物語な雰囲気も楽しかったです。序盤の「水に没した後も指先は滝の上を指していた」とか「御神体をブチ壊して滝の下に移動した」とか「美女の幻影に導かれて滝を登る」とか、あとは戦闘で無双したりとか、それっぽくないですか? 実際のところインド神話の用語とか色々出てるっぽいので意識してるのだと思いますけども。

話題のRRRも同じ監督の作品との事なので観たいのですが、吹き替えが無いっぽいんですよね。アマプラに来る頃には吹替版が出たりするのかなあ。字幕だとアクションや演技に集中できないから、できれば吹き替えで観たい派なのです。

続きを読む
記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
時間のないサイト運営者リング(時間ねぇー)