hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカS Typ007, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

Summicron 35mm F2 (2nd / 6 Element)

団地は遊び場


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

団地の魅力って色々とあると思うんですが、ボリュームも魅力の一つだなって思います。同じ形をした建物がいくつも連続している姿って、何だかグッときますよね。


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

僕の地元にも団地があって、子供の頃はかくれんぼとか鬼ごっこなんかをしてよく遊び場にしていました。とある棟には焼却炉があってそこを秘密基地にしてたりなんかして、多分もう使われてない物だったと思うのですが、今考えるとなかなか怖い事をしていましたね。

街スナップと35mmレンズ


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

行ったことのない街のスナップでは35mmを使う事が多いです。
所有レンズのバリエーションは50mmの方が色々とあって描写を楽しめるんですが、いかんせん日本の都市部では50mmだとちょっと狭い事も多くて、初めて行く街に一本だけ選ぶなら35mmになりがちです。


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

今回みたいな団地がロケーションだと高さも入れて撮りたいので、やっぱり35mmの方が使いやすいですね。あとは被写界深度が深いのでとっさのシャッターチャンスにも強かったりとか。

団地の一階にあるお店


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

引き続き団地スナップの写真です。
団地って、一階にお店とか入ってる事がありますよね。僕の地元の団地ではもう殆どシャッターが閉まりっぱなしでしたが、こちらはテントもきれいで現役バリバリといった様相です。レトロなんだけど今も普通に営業しているお店って良いですね。

団地はハイキー


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

団地写真って暖かみのある黄色っぽい感じに仕上げがちですが、意外と青白系のハイキーが合うんですよね。昭和の頃は当たり前の風景だった団地も今やオシャレトロでファンタジーを感じる頃合いなのかもしれません。


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

何だか最近は曇り空が多いような気がするのですが、この日は青空が見えて嬉しい空模様でした。ハイキー表現はやっぱり青空が欲しくなっちゃいますね。

団地ドリーミー


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2(2nd)

昨年末の事ですが、ふと思い立ってゆるっと団地スナップをしてきました。昭和を感じる団地も、近年は再開発でどんどん消えていってますね。

ボディは240で、レンズは6枚玉ズミクロン35mmです。絞り開放では柔らかい描写に加えて周辺の解像が甘い事で、何だかドリーミーな描写になるのがお気に入り。

虚無僧無双


Leica M-E TYP240 + Summicron 35mm F2 (2nd)

虚無僧というと深編笠なイメージだけど、ウィキペディア曰く江戸時代より前には普通の編笠だったらしいです。尺八を聴いてみたかったけどこの時は時間がなかったので通り過ぎてしまった。

記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ