hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカS Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

写真系掲載情報

2021年12月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年12月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

審査通過率がとても高いミカさんのキャストリア、12月は暗めの写真です。この時の撮影がまさにお互いに6章を終わらせた直後だったので、キャストリアの設定の重さがミカさんのポーズや表情に出まくっていると思います…!

スタジオはクォーツで、確か一灯で撮っていたはず。周辺の光量落ち具合は後処理での調整です。


Leica M9 + Summitar 50mm F2
ゆなまるさん

ゆなまるさんの大和は桟橋撮影の写真です。光の方を見上げたポーズと、どこか希望を感じさせるような表情が良いんですよね!

僕が撮る写真の中では、縦位置でこの人物配置は結構珍しい気がしています。視線が上向きなのと、空の色が綺麗だったのと、あと電線があったからこうしたのかな。たしか。

ここからは雑記のコーナーです。12月はコミケ準備や仕事がヤバヤバのヤバだったりして、あんまり写真を投稿できずに2枚の採用でした!いやー今の仕事に就いてから一番ヤバかったですね。二度と繰り返したくないヤバさでした。

そうなんです、C99は無事にサークル参加できまして、新刊も無事に完売しました。いやはやブログに告知を書く余裕すらありませんでした。今回は入場者数が通常の1/3程度っぽかったので部数も1/3にしたんですが、そしたらお昼過ぎには完売しちゃったので、もう少し刷れば良かったなと反省でした。とは言え、周囲のサークルさんとも話してたんですが、今回は本当に部数が読めなかったですし難しかったですね。
他のサークルさんは通販されてる方も多いのですが、うちはどうしようかなあという感じです。いつも通り、次回以降のコミケにも既刊は増刷して持って行きはするのですが。

続きを読む

2021年11月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年11月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica M-E Typ240 + Summitar 50mm F2
ゆなまるさん

久しぶりのゆなまるさん大和の新作は、金魚浴衣の艦これ大和です!着こなしがさすがのゆなまるさんで、このカットだとあまり見えないですが帯や帯留めも素敵なんですよね。来月以降に乞うご期待だぜっ。

レンズは大和撮影でよく使うSummitarです。戦艦大和と同世代という理由で多用していますが、開放だと中央以外が解像しないので、このカットのようにお顔を中央に持ってくる構図が多いです。


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんのキャストリアです。この時の撮影は良い写真が多すぎて、まだまだ投稿したいカットが山程あるんですよね!
この構図は身体と杖がエックスになっていて、ちょっと珍しい感じで気に入っています。お顔のスンとした角度もなんだか良いのです。

スタジオはいつものクォーツで、大抵はF16まで絞って撮るんですが、この時は開放のF2.5でした。僕の持ってるSummarit-S 70mmはCSバージョンなのでレンズシャッターが使えるので、明るいシーンでも絞りを開けてストロボが使えるのが嬉しいんですよね。そしてなぜ絞りを開けたかったかと言うと、背景の階段をぼかして後ろの壁感を消したかったからなのでした。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤもまだまだ良い写真がたくさんありまして。みりんさんのクオリティにクォーツの撮れ高が加わって最強に見える…!お顔を傾けて目線をこちらに向けるのと、唇の感じがめっちゃコヤンスカヤじゃないですか?(伝わってほしい)あと背中のラインが綺麗なのが良いのです。

撮影的にはあれですね。勢いが出るように画面いっぱいに収めるフレーミングと、S字のラインになる角度で撮れたのが良かったです。

いやー今年もあっと言う間に12月ですね。つい先日まで9月だったような…? 雑記のコーナーです。
久しぶりのコミケC99にサークル参加が当選しまして、無事新刊を入稿できました。久しぶりのコミケはコロナに注意しながらになりますが、それでもめちゃめちゃ楽しみです。一般参加チケットも運良くゲットできたので、感染対策しながら楽しみたいと思います。

まだブログを書けてないんですけど、ここ最近でいくつかの機材を入手しました。とりあえず名前だけ書いておくと、Elmar 50mm F3.5(M) …は買った事だけ書いたので、レビューも書きたい。ずっと欲しいと思っていたバルナックライカgをついに購入。35mm単体ファインダーのSBLOOの実用OK品を上野松坂屋の中古カメラ市で買いました。そしてライカのCマントシネレンズのHektor Rapid 2.7cm F1.4を入手したので、これはレビュー超書きたい。あとライティング機材を年内に買うかも? 買わないかも? みたいな感じです。今年は途中まで全く機材購入がなくて悟りを開いたかなあとか思いきや、後半に一気にきましたね。

去年まで、ニットを着ると腕がちくちくするのが気になっちゃうのであまり着なかったんですが、ロンTをインナーにすると解決するって気づいたので今年はニットを着まくってます。暖かいし嬉しい。

最近、写真を撮るペースが落ちまくってるなあという反省点。週末の外出にはカメラ所持を義務付けるかなー。

続きを読む

2021年10月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年10月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんのキャストリアです。この動きの途中みたいな自然なポーズが凄く良くて、もしかしたらテストカットだったかもしれないんですけど、でもその雰囲気が良くって通常通りに仕上げたところサクッと審査に通りました。自分の判断が認められた感あって嬉しいですね。

撮影的には特に凝った事はしてないんですが、頭上がちょっと空いてるところも隙感があって良いなとか思ってたり。


Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
ミカさん

こちらもミカさんの、ヴァイオレット・エヴァーガーデンです。表情がヴァイオレットさを感じます!
金曜ロードショーの2週連続ヴァイオレット・エヴァーガーデン、良かったですね。何か新展開とかの告知でもあるかと思いましたが、特に無かったのはちょっと残念でしたけど。僕はテレビシリーズの公開恋文の回が好きなんですけど、総集編には入らなかったので自主的に見たいなーと思ってます。

LFIに採用される写真は割と寄りめが多いんですが、M8で50mmを使うと66mmくらいになるもあり、その中でもかなり寄ってる写真になりました。


Leica M8 + Hektor 7.3cm F1.9
ほずきさん

ほずきさんの私服ジャンヌです。この衣装やたらめったら可愛いですよね。この写真だと見えませんがボトムがショートパンツなのも可愛いポイントです。柔らかな表情が私服衣装と合っていて素敵ですね!

レンズはヘクトール 7.3cmで絞り開放撮影なので柔らかめの描写ですが、私服衣装の日常っぽい雰囲気には合ってる気がしています。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

10月の大和は紅葉撮影の写真です。暗めの背景に浮かぶ大和が良いですね。この時はゆなまるさんと初撮影だったんですが、こう良い感じの場所にスッと立ってくれるのが流石な感じでした。僕は普通に撮っただけという。笑。

機材はM8とASPHルクス35mmの鉄板コンビです。35mmのF1.4というスペックだと、絞り開放でもボケすぎないので程よい柔らかさと背景の情報量のバランスが丁度よいんですよね。

さて、雑記のコーナーです。この記事を書き始めたのは11月の月初めだったんですが、冬コミに当選したので途中からそちらにフルコミット状態になってしまって、完成したのは月末でした。もうすっかり冬ですねー。そりゃあ街もクリスマス・ムードになりますよ。そう言えばクリスマスっぽい撮影をした事って無いなって思ったら、毎回コミケ直前だからですね。

C99は当落が遅かっただけあって準備期間がかなり短いですよね。周囲でも結構な悲鳴が聞こえているんですが、常に極悪入稿の人は以外と落ち着いていて、何でかなあと思ったらいつもギリギリで準備を開始するから実質いつもと変わらないんですね。なるほど印刷所の人に謝った方がいい。

現在の自宅PCはiMac 27インチ 2017なんですけど、性能的にはまだまだ使えているものの、サブモニタを繋ぐとLightroomの動作が結構遅くなるのが不便なんですよね。MacBook Pro M1なんかも気にはなってるんですが、写真編集周りの性能ってどうなんですかねえ。同世代ならiMacの方が快適でしょうし、やっぱりiMacのM1モデル待ちかなあ。

続きを読む

2021年9月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年9月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Summarit-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんのキャストリアです。この抜けきらない表情によってキャストリアの自信の無い感じが凄く出てると思っていて、お気に入りの写真です。

スタジオは安定のクォーツで、レンズは珍しく70mmです。この日は30-90mmが不調だったので使ったのですが、軽くて取り回しやすいし描写はもちろん問題無いしで、70mmもやっぱり良いなあなんて再確認しました。
ライティングは大光量を一灯とカポックに加えてバック飛ばし(飛ばしてないけど)を軽く足しています。最近は全体的に、以前よりもちゃんと影を出すようになっている…はず。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

もう一枚ミカさんです。レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)、いわゆるロリンチちゃんです。ミカさんめっちゃ似合うんですよね。クォーツのムラバックにある花の前で撮らせて貰いました。

クォーツと言うと白ホリとカラーバックが定番ですが、最近はそれ以外のエリアで撮る事も結構ありまして。暗めの屋内はあんまり得意では無いのですが、さすがクォーツは撮りやすいんですよね。


Leica Q2
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤは9月もスパッと掲載されました。表情がコヤンスカヤのイメージすぎて良いんですよね!階段の所に座っているのですが、扇でちょっと顔を隠しているのも密やかさがあって素敵です。

機材はLeica Q2で、50mmクロップの画角で撮影しています。安定のクォーツで自然光のみの撮影なので絞りは開放ですが、28mmレンズなのでボケ量がそこそこなため丁度良い自然な感じになりました。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

恒例のゆなまるさんの大和写真ですが、今月は昭和記念公園の日本庭園で撮ったカットでした。こちらのポーズが染み入る感じでして、顎のラインがめっちゃ綺麗な所とか、目線から着物、羽織へのリズムなんかがお気に入りポイントです。

ここは一見すると和室の中に見えますが、ゆなまるさんが腰掛けてる所が縁側のようになっていて、撮影は外からしています。それだけに太陽光が良い感じに当たってくれて和室の暗さが無いという、ちょっと面白い写真になっています。

写真は以上で、あとは雑記のコーナーです。
10月に入っても毎日暑いですね。と言ってもこれを書いている翌日からは気温が下がっていく予報もあるみたいですが。秋服を買ったのに全然着られてないので、早く涼しくなってほしいですね(とか言ってるとすぐに寒くなるパターン)。

先日、久しぶりにレンズを買いました。詳しくは別の記事で書こうと思いますが、僕は基本的にライカ純正レンズがメインなので、最近は高騰しちゃってなかなか手が出ません。まあ必要なレンズは一通り揃っているので、今後は出物があったら…くらいかなーとは思っています。

月姫R、やばいらしいですね。シエル先輩が可愛いと聞いています。と訳知り顔ですが月姫は漫画版しか知らないのですが。シエル先輩撮りたい!(素振り

続きを読む

2021年8月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年8月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica M-E Typ240 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ミカさん

ミカさんの水着マシュ(常夏の水着)です! 僕もミカさんもあんまり水着撮影はやらないんですけど、たまにはね?
自然なスナップっぽい雰囲気を出しつつもポーズもしっかりとっているのが素敵です。自然めなコスプレ写真って良いですよね。

構図はいわゆる日の丸構図です。キメすぎない自然な感じにしたかったのと、ロケーションが良かったのでシンプルにしたのと、首切りにならないようにした結果でした。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

毎月恒例、ゆなまるさんの大和です! 今年は秋が早いっぽいですし紅葉も早まるんですかねえ。
しゃがみポーズでも姿勢が良くてシュッとしているのが、さすがゆなまるさんですね! 和傘で背景を整理する事で人物に視線が行きやすなったと思います。

逆光気味の位置で現行レンズで撮っているのですが、オールドほどには破綻せず、国産の逆光つよつよレンズほどには無双せずといった感じで、程よいコントラスト低下が気持ち良い描写になったかなと思っています。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤ写真もまだまだバリエーションがあるので、どんどん載せていきたい所存です。
大きくSの字になったポーズがダイナミックでめっちゃ良いんですよね。表情もそれと合った雰囲気で最高です。

構図面では、寄りめで左右を切って勢いを出しています。


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5
ミカさん

たまにはコスプレ以外も投稿していますっという事で、ミカさんの森撮影ポートレートです。ウェーブのかかった髪が素敵ですね。
棒立ち的なポーズってモデルさん的には難しい面もあるのではと思うのですが、さすがミカさんという感じで難なくこなしてくれました。

オールドレンズを使って森で撮る際は、ボケの形状的に日の丸構図が安定だなーと思ってます。まあそれでなくても日の丸構図は好きみたいなんですけどね!

続きを読む

2021年7月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年7月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのロリンチちゃんは以前にも撮影した事があったのですが、今回は上海FES衣装バージョンです。はっきりとしないぽやんとした表情をお願いしたのですが、果たして良い感じにぽやんとしてくれました。

スタジオは安定のクォーツです。カラーペーパーは予約時に色指定するのが基本なのであらかじめ決めておく必要があるのですが、今回はこのトゥルーブルーだろうなと! ロリンチちゃんの爽やかなそよ風が吹くような印象と合っていますね。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤ、7月はこちらのカットが通りました。手で顔を隠してなお伝わってくる表情が、凄くコヤンスカヤを感じて良いんですよねこれが凄く…!

現像では、顔の半分に影を落として、でも眼は際立つように少し露出を持ち上げています。フレーミングは勢いが出るように四辺から身体のどこかが出るようにしました。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

毎月恒例のゆなまるさんの大和、今回は爽やかな夏を感じる一枚です。水遊びをする大和の楽しそうな表情が、水場の涼を伝えてくれますね。

カメラがM8なのでモニターがプアーなため、撮影現場では画像の詳細な確認は難しいんですよね。なので何パターンか撮っておいて「うーん多分ヨシ!」ってするしか無いんですが、良い感じに撮れていたのはM型ライカの抜けが良いファインダーが一役買ってそうです。


Leica M-E Typ240 + Summicron 50mm F2 (2nd)
ミカさん

最後はミカさんの雪風の、夏のお嬢さんmodeです。真夏の撮影だったので、休憩にアイスを食べてる所を撮ったいわゆるオフショなのですが、コス写真としても成立してるなと思ったので審査に出したところ通りました。 スナップぽいポートレート写真いいですよね。

夏場の屋外でのオールドレンズは、軟調すぎるレンズを選ぶと強い陽射しでぽわぽわになりすぎてしまうのに注意が必要だなと思っていて、この時はズミクロンの2ndを選びました。

続きを読む
記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ