hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカS Typ007, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

写真系掲載情報

2020年10月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカの審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2020年10月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックすると、LFIの掲載ページに移動します。

L1006127-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ゆなまるさん

「ネロちゃまVOGUE風」をコンセプト撮った写真です。型月のネロ・クラウディウスと言えば笑顔が思い浮かびやすいですが、個人的にFate/EXTRA Last EncoreのOPの憂いのある表情が印象的で、あとまあ皇帝だしモード・ファッションっぽいポーズも似合うのでは? と思って撮影したのですが、ゆなまるさんがポーズをビッと決めてくれた事もあって良い感じに撮れたと思います。
自信作だった事もあって審査に通ったのは嬉しかったです。

スタジオは安定のクォーツです。白ホリとカラーバックの撮りやすさが半端なく良いスタジオなので、めっちゃ重いストロボも根性で持って行けてます。
レンズの焦点距離はExifによると67mmなので、35mm判に換算すると53mmくらいかな。ほぼ標準画角ですね。あと現像時にちょっとクロップしたと思います。

L1005913-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

同じくカラーバック + FGOな、ミカさんの袴マシュです。袴はいいぞ(定期)。カラーバックでくるっと回って貰ったところを撮りました。袴のふわり感と振り袖のひらり加減が良いですね。

振り袖が少しブレているのは、使っているストロボ的に止めるのがあまり得意では無いというのもあるのですが、個人的には結構好きです。少なくともLFI的にはオッケーという事で(何となくライカ感な気もする)。
ちなみにこの写真はクォーツでは無いんですが、その辺り影の出方とかで分かりやすいですね。

L1003124-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

続いてミカさんのロリンチちゃんです。ロリンチって見た目的には子供だけど精神的には大人(ぶって)いる所のあるキャラだと思うんですけど、ミカさんのロリンチちゃんはその辺りが非常に良い感じに出ていると思います。

肘とか脚とかを切る撮り方は、勢いが出て結構好きです。とは言え撮影時にはわりと余裕を持って撮る事が多くて、現像時にクロップする事が多いです。この辺り中判の余裕は助かりますね。

L1017188-Edit
Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ほずきさん

ほずきさんのマシュです。ほずきさんと言うとポートレート撮影が多いのですが、たまにコスプレを撮らせてもらう事もあります。こちらのカットは目と唇の表情がいいですね!

機材はM8とASPHルクスの鉄板コンビ。今は亡きとしまえんのイベントで撮ったものです。桜の時期なので背景には桜があるんですが、周囲のベンチとかがわりと煩雑なのでボカしちゃいました。

L1003164-Edit
Leica M9 + Summitar 50mm F2
ゆなまるさん

今月の大和は桜撮影です。ゆなまるさんの大和撮影はどれもクオリティがめちゃ高なのですが、桜撮影に関しては予定していた日は咲きが悪かったので日を改めて二度撮影したというエピソードもありました。

レンズは戦艦大和(原典)の生まれた頃と同じ時代のズミタールです。艦これキャラの原典の艦の時代のレンズで撮影するというのはなかなかエモいなあと今だに思っています。

L1010007-Edit
Leica M8 + Elmarit 135mm F2.8
ほずきさん

桜の流れでほずきさんの桜ポトレです。風が吹いてちょっとだけ目を細めたような表情がいい感じですね。結構前の写真なので現像には時代を感じるのですが、セレクトされて嬉しいです。

ちなみにこのロケーション、ロケハンに行った際に枝ぶりが高い事が分かっていたので持っていった脚立に立ってもらっています。ちょっと引くと「理想と現実」的な写真になるのでした。

L1005013-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ラストはミカさんの水着雪風です。別件ですが雪風改二と丹陽が発表になりましたね!水着雪風と同じくちょっと大人な感じなのが、艦これの年月と史実とIFを感じられて最高です。さておき、こちらの写真は身体のラインとウィッグをさわっている感じで大人っぽさが強調されて、あと動きが出ているのが良いなっと思います。

レンズは70mm F2.5で絞りは11まで絞っています。本当は16まで絞りたいんですが、ストロボが追いつかないんですよね…!もうちょっと火力あるやつが欲しいなあ。

というわけで、10月は7枚が審査に通過でした。LFI、審査が妙に厳しい時と緩い時がある印象なんですけど、複数担当者がそれぞれ裁量を持って回しているのかなあ。まあ仕組みとか好まれる写真とかが分からないぶん、こちらは単純に良いと思った写真を投稿するだけなので、楽と言えば楽なのですが。笑。

2020年9月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカの審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2020年9月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックすると、LFIの掲載ページに移動します。

L1015198-Edit
Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

9月もLeica Master shot(LFIで最高の写真)に認定されました! ゆなまるさんの桜大和です。背後から少し風がそよいでいる中の穏やかな表情が風情を感じてお気に入りです。

M8系の描写は最高に気に入っていて、コスプレ・ポートレート・スナップを問わずに多用しています。
色味がこなれすぎてないのか、あるいは解像感がちょうど良いのか、何がそんなに良いのか自分でもいまいち言語化できないのですが、とにかく自分の感性にフィットするようです。

こちらはPortrait Challengeにも掲載されました。

L1006271-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ゆなまるさん

続けてゆなまるさんの写真をもう一枚。こちらはBEAUTY & FASHIONカテゴリに掲載されました。

「FGOのネロをVOGUEテイストで撮影する」というコンセプトで撮影した中の一枚です。わりとコンセプトを持った撮影が好きなんですよね。
「VOGUEっぽい感じ」って色々あると思うんですが、こういうガッと寄ったカットってコスプレではあまり見かけないので新鮮かなと思います。ゆなまるさんにはちょっと緊張感を強いてしまったかもしれませんが…!

Vario-Elmar-Sのテレ端は90mmで、これは35mm版に換算すると72mm相当になるのですが、そのまま寄りすぎるとちょっと不安だったので、少し広めに撮ってトリミングしています。

L1005297-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんの水着雪風です。何度か書いてはいますが、水着雪風はちょっと成長した雪風をイメージしていて、ミカさんが表情や立ち方でその辺りを良い感じで出してくれました。

このカット、背景のマットな感じが落ち着いた感じを強調できてお気に入りです。カラーバックは彩度マシマシよりはちょっと落ち着いたトーンの方が好きかもしれません。

L1005963-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

カラーバックが続きます。ミカさんの袴マシュです。袴はいいぞ(定期)。
コスプレに限らず、ポーズにおいて手って重要な要素だと思うんですけど、だからこそ(なのか分かりませんが)たまに手を使わないポーズも撮りたくなります。モデルさんには表現力を求められるとは思うのですが、応えてくれて感謝しきりです。

ライカSでライティングして撮る時は、絞りはF11〜F16くらいまで絞る事が多いのですが、このカットは開放のF2.5にしています。更にかなり近寄ってピントが合う範囲を狭くして、現像で周辺を落として、表情に視線が行くような感じにしています。

L1005746-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

同じ撮影の写真です。赤いカラーバックに赤い傘を持った袴マシュです。チラッと見える足元が楚々として良いですね。

背景と同系色の物を置くと溶け込まないか心配なんですが、良い感じに撮れたかなと思います。

L1008541-Edit
Leica M9 + Summicron 35mm F2 (2nd)
ほずきさん

傘繋がりでほずきさんの鳩羽つぐです。アンダーな仕上げと裏腹な表情が印象的です。この日はあいにくの雨天でしたが逆に鳩羽つぐの雰囲気に合ってたかなーとか思ってます(ポジティブ思考)。

ズミクロン35mmの2ndは、開放だと結構ユルい写りかなと思います(少なくともうちの個体は)。周辺が甘かったり柔らかめの描写をするので、現像では柔らかさを強調しています。

こうして見てみると、オールドレンズでの撮影はひとつだけでしたね…! 最近はQ2の購入もあって現行レンズを使う事が多いので、そろそろまたがっつりオールドな撮影もやりたいなー。

2020年8月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカの審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2020年8月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックすると、LFIの掲載ページに移動します。

L1005088-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんの水着雪風がLeica Master shot(LFIで最高の写真)に認定されました!
艦これの雪風というと無邪気な子供っぽいキャラクターですが、ここ最近で発表された水着や夏のお嬢さんModeのイラストではちょっと大人になった印象を持っているので、ミカさんにはこの日の撮影では「少し大人になった雪風」になって貰いました。艦娘も成長してほしい派です…!

ちょっと不安定でアンニュイな表情に合わせて、現像も少し色をかぶせています。ニュートラル以外の色をベースにすると肌の色に悩むのですが、この時はうまくバランスを取れたかなと思っています。
こちらの写真はPortrait Challengeにも掲載されました。

L1004207-Edit
Leica M9 + Hektor 7.3cm F1.9
ミカさん

続いて同じくミカさんの、ナツキ・レムです。現在放送中の2期も面白すぎるReゼロの、公式IFストーリー上で登場するレムですね。本編とは異なり幸せで穏やかな生活をしている設定なので、そんな感じの表情です。

穏やかな生活を撮るという事で、レンズは軟調の描写ができるヘクトール7.3cm F1.9を使いました。このレンズの中近距離の描写は立体感と柔らかさが良いですね。
BEAUTY & FASHIONカテゴリに掲載されました。

hamashun-L1014033-Edit
Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

今月の大和は紅葉撮影の時の写真です。ゆなまるさんが戦艦大和の時代のアンティーク着物をお持ちだったので、艦これ大和のコスプレと組み合わせての撮影となったのでした。
コスプレ撮影というと元ネタの再現を目指す事が多いと感じていますが、2次創作なのだからオリジナル要素を高めても良いですよね。そんな撮影が好きです。

この写真は2016年の撮影という事で、技術的には今と比べると拙い部分もあるのですが(襟のあたりが白飛びしてたりとか)、それでも採用されたという事はLFIのエディターに伝わる物があったという事だと思うので、嬉しいですね。
BEAUTY & FASHIONカテゴリとPortrait Challengeに掲載されました。

L1010270-Edit
Leica M8 + Summicron 50mm F2 (2nd)
ほずきさん

ほずきさんの袴ポトレです。袴は良いものですね!(袴写真が現れたら言わずにはいられない) この時の着物と袴は、色合いがめっちゃ良いんですよね。赤系と青系だけとトーンが揃っているので調和している感じが最高です。
この写真は、笑顔でない、ちょっとだけ唇を開いた感じの表情と、顎の前に出した手がマッチしていて素敵です。

カメラはM8、レンズはズミクロン50mmなんですが、この組み合わせは何だかM9で使うよりも立体感や解像感が良い気がしています。組み合わせの相性みたいな物があるのかなあ。
BEAUTY & FASHIONカテゴリとPortrait Challengeに掲載されました。

7月に続き、2ヶ月連続でLeica Master shotに認定されて嬉しい祭りです。今月もいけるといいなー。

2020年7月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ公式の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2020年7月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックすると、LFIの掲載ページに移動します。

L1001081-Edit
Leica S-E Typ006 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

久々にLeica Master shot(LFIで最高の写真)に採用されました! ミカさんの袴桜写真です。袴は良いですよね。
ミカさんの身体のラインが緩やかにくの字になっている事や、ちょっと微笑んだ表情や、傘がほんの少し傾いている事や、袖のひらり加減や、裾の広がりや、片足が浮いている事など、全体的にお気に入りポイントが多い写真なので、LFIのエディターに認められて嬉しいです。

レンズは70mm F2.5を使っているのですが、背景の桜もある程度ボカさず入れたかったのでF6.8まで絞っています。動きは止めたかったのでシャッタースピードは1/500にして、露出はISOを400にして調整しています。S-EはCCDセンサーなので400よりは上げたくなかったですが、今だったら007でF8かF11まで絞っていたかもしれません。

L1005713-Edit
Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

袴繋がりでミカさんの袴マシュです。袴は良いですよね(2回目)。ちょっと横方向に動きのあるポーズが良い感じです。

ライカSでライティングありの撮影では、一時期は軽くて取り回しの良い70mm F2.5をよく使ってたんですが、最近は30-90mmをよく使っています。描写はどちらも文句無しですが、ピント精度は30-90mmの方がかなり良いです。重いのが難点ではありますが…!


hamashun-L1001011-Edit
Leica M9 + Summar 50mm F2
ゆなまるさん

ゆなまるさんの7月の和服大和は、紅葉撮影での写真でした。ゆなまるさんとの最初の個撮でしたが、この時から既に独自の雰囲気を持っていて素敵ですね。

レンズはズマールなんですが、うちのズマールはガラスの状態がめっちゃ良いので「いわゆるズマール」の紗がかかった描写とはかなり違うんですよね。「オールドレンズっぽくないね」と言われる事もあるんですけど、ピント位置の解像とアウトフォーカス部の柔らかさ・曖昧さの同居はなかなかの物だと思うんです。

L1008279-Edit
Leica M Typ240 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ほずきさん

ほずきさんの紫陽花ポトレです。どこを見ているのか不確かな目に、逆に惹きつけられます。ピントの外した紫陽花で顔を少し隠しているのも不思議な印象を感じます。

現像は、周囲を暗く、肌と花を明るく仕上げました。ベストが緑色なので葉と同化してあまり目立たないので、この写真のポイントである顔と紫陽花により誘導できたと思います。

この写真はPortrait ChallengeLFIのインスタにも掲載されました。この時の撮影は、想定より紫陽花が咲いてなくて工夫しながら撮影したのですが、良い写真が撮れて良かったです。

L1005306-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんの水着雪風です。この時の撮影では、「ちょっと大人になった雪風」を意識したので、そんな感じの立ち方や表情になっています。艦娘も成長して欲しいんや…!

スタジオはクォーツです。もともと環境が良くて撮りやすいスタジオですが、いやあ、ここまで背景をフラットな感じで撮れると気持ちいいですね!

L1006238-Edit
Leica M9 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ほずきさん

ほずきさんの壁ポ(壁をコンセプトにしたポートレート)です。原宿のカラフルな壁の前に立ってもらった時に、ふいに横から風が吹いたのでそのまま撮影した物です。そんな状況でもしっかり目線が来ている所がお気に入りです。

我ながらこのカットはかなりコントラスト高い仕上げだなーという印象です。背景のカラフルさを強めたかったのと、目線の印象が強かったのでその辺りを強調した結果だった気がします。
この写真はカテゴリではなくPortrait Challengeに採用されました。

L1007052-Edit
Leica M9 + Summicron 50mm F2(2nd)
ゆなまるさん

ゆなまるさんの横浜ポートレートです。アンニュイな感じの目と唇に目が奪われますね。

この時の撮影で、初めてフェード的な現像をした気がします。「うわーこれ癖になったらヤバいなー」って思った記憶。
こちらもPortrait Challengeに入った写真です。

L1005958-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんの袴マシュはもう一枚採用されました。こちらは「棒立ちで」という無茶振りオーダーに応えてくれたカットです。モデルさんにとっては逆に難しいかもですが、棒立ち結構好きなんですよね。

不確かな感じを出したくてピント面以外はボカしたかったので、こちらは70mm F2.5で絞り開放で撮っています。顎の辺りからボケはじめていて想定通りでした。
Portrait Challengeに入った写真でした。

7月も採用多めで、しかも久しぶりにマスターショットを貰えたのはかなり嬉しい出来事でした。この勢いでLFIでの存在感を増していきたいですね(野望

LFIのインスタに写真が載った話

インスタ掲載ページ
※クリックで掲載ページに移動します

LFI」(Leica Fotogarfie International)はライカと写真をテーマにした専門誌で、そのWebギャラリーが、僕が継続的に投稿しているLFI.Galleryです。

そして、そのLFIのインスタのアカウントに、このたびほずきさんを撮影した写真がに掲載されました! わーい嬉しいですね。
現在、LFI.GalleryではThe portrait challengeという企画をやっていて、それの宣伝に使われたという形です。

このまま存在感をアピっていって、もうちょっと先の展開まで行けたら嬉しいですね…!なんてね。

続きを読む

2020年6月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ公式の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2020年6月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックすると、LFIの掲載ページに移動します。

L1018952-Edit
Leica M9 + Summar 50mm F2
ゆなまるさん

今月も無事に通りました、ゆなまるさんの和服大和。これは紫陽花浴衣撮影の時の写真ですね。白の紫陽花と白の日傘と白の衣装がいい感じにマッチしたところに紫陽花の髪飾りの差し色が効いてます。

ズマールは屋外で使うとボケがざわざわしがちで人物よりそっちに視線が取られがちなのですが、このカットはいい感じに抑制できました。

hamashun-L1014123-Edit
Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

そして6月はもう一枚、紅葉の大和も通りました。個人的には引きめのカットがLFIに通るのはわりと珍しいのですが、ロケーションとゆなまるさんのかもし出す雰囲気のおかげでしょうか。審査に通って嬉しいです。

ちなみに紅葉シーズンという事もあり実は背後にはめっちゃ通行人がいたのですが、全員「消えて」もらいました。フフ……。

L1010139-Edit
Leica M8 + Summicron 50mm F2
ほずきさん

和服の流れでほずきさんの袴ポトレです。袴はいいですね(定期)。どこかシリアスなような、少し何かを堪えるような表情が素敵です。

M8のこのちょっと青みがかった色、好きなんですよねえ。帯の辺りの艶感が良い感じに出せたのもお気に入りです。

L1004993-Edit
Leica S-E Typ006 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのドゥーチェです。いやぁドゥーチェ見るとパスタが食べたくなりますね!

この時のライティングは背後に影を出したかったんですが、出し方がわからなくて右往左往した思い出があります。

L1004967-Edit
Leica S-E Typ006 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ほずきさん

ほずきさんのペパロニです!ペパロニ見てるとピッツァを食べたくなりますね!見て分かる通りにミカさんとの併せでの撮影でした。

この時のストロボはGodoxのAD360を2灯だったんですけど、途中でバッテリーが1発死んでしまって冷や汗をかきました…。それ以来バッテリー型をメインライトに使うのはちょっと怖いです。

L1005178-Edit
Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんの水着雪風です。最近の雪風のキャラデザはちょっと大人っぽくなっていってる気がするので、ミカさんにもそんな感じの表情やポーズをお願いしました。

水着という事でライティングは夏っぽい感じを出したかったものです。ちなみに影を濃くするにはベアバルブが良いらしいというのは今月のコマフォトでようやく知りました。今度試してみよっと。

L1000191-Edit
Leica S-E Typ006 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

最後はミカさんのメイドさんです。メイドさんといえばやっぱりロングですよね。ね? くるっと回ってもらった所をストレートに撮りました。

ライカS-Eを買って最初の個撮だったので、いちいちテンション上がりながら撮っていた記憶があります。

という訳で、6月はなんと7枚も審査に通りました。いつもより多くてびっくりですが、特にドゥーチェとペパロニが二人とも通ったのは心の中でガッツポーズしちゃいましたよね。明日のランチはイタリアンにしようかな。

記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ