hamashun org

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。 機材は ライカS Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。

写真系掲載情報

2021年8月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年8月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica M-E Typ240 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ミカさん

ミカさんの水着マシュ(常夏の水着)です! 僕もミカさんもあんまり水着撮影はやらないんですけど、たまにはね?
自然なスナップっぽい雰囲気を出しつつもポーズもしっかりとっているのが素敵です。自然めなコスプレ写真って良いですよね。

構図はいわゆる日の丸構図です。キメすぎない自然な感じにしたかったのと、ロケーションが良かったのでシンプルにしたのと、首切りにならないようにした結果でした。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

毎月恒例、ゆなまるさんの大和です! 今年は秋が早いっぽいですし紅葉も早まるんですかねえ。
しゃがみポーズでも姿勢が良くてシュッとしているのが、さすがゆなまるさんですね! 和傘で背景を整理する事で人物に視線が行きやすなったと思います。

逆光気味の位置で現行レンズで撮っているのですが、オールドほどには破綻せず、国産の逆光つよつよレンズほどには無双せずといった感じで、程よいコントラスト低下が気持ち良い描写になったかなと思っています。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤ写真もまだまだバリエーションがあるので、どんどん載せていきたい所存です。
大きくSの字になったポーズがダイナミックでめっちゃ良いんですよね。表情もそれと合った雰囲気で最高です。

構図面では、寄りめで左右を切って勢いを出しています。


Leica M-E Typ240 + Summarit 5cm F1.5
ミカさん

たまにはコスプレ以外も投稿していますっという事で、ミカさんの森撮影ポートレートです。ウェーブのかかった髪が素敵ですね。
棒立ち的なポーズってモデルさん的には難しい面もあるのではと思うのですが、さすがミカさんという感じで難なくこなしてくれました。

オールドレンズを使って森で撮る際は、ボケの形状的に日の丸構図が安定だなーと思ってます。まあそれでなくても日の丸構図は好きみたいなんですけどね!

続きを読む

2021年7月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年7月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんのロリンチちゃんは以前にも撮影した事があったのですが、今回は上海FES衣装バージョンです。はっきりとしないぽやんとした表情をお願いしたのですが、果たして良い感じにぽやんとしてくれました。

スタジオは安定のクォーツです。カラーペーパーは予約時に色指定するのが基本なのであらかじめ決めておく必要があるのですが、今回はこのトゥルーブルーだろうなと! ロリンチちゃんの爽やかなそよ風が吹くような印象と合っていますね。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤ、7月はこちらのカットが通りました。手で顔を隠してなお伝わってくる表情が、凄くコヤンスカヤを感じて良いんですよねこれが凄く…!

現像では、顔の半分に影を落として、でも眼は際立つように少し露出を持ち上げています。フレーミングは勢いが出るように四辺から身体のどこかが出るようにしました。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

毎月恒例のゆなまるさんの大和、今回は爽やかな夏を感じる一枚です。水遊びをする大和の楽しそうな表情が、水場の涼を伝えてくれますね。

カメラがM8なのでモニターがプアーなため、撮影現場では画像の詳細な確認は難しいんですよね。なので何パターンか撮っておいて「うーん多分ヨシ!」ってするしか無いんですが、良い感じに撮れていたのはM型ライカの抜けが良いファインダーが一役買ってそうです。


Leica M-E Typ240 + Summicron 50mm F2 (2nd)
ミカさん

最後はミカさんの雪風の、夏のお嬢さんmodeです。真夏の撮影だったので、休憩にアイスを食べてる所を撮ったいわゆるオフショなのですが、コス写真としても成立してるなと思ったので審査に出したところ通りました。 スナップぽいポートレート写真いいですよね。

夏場の屋外でのオールドレンズは、軟調すぎるレンズを選ぶと強い陽射しでぽわぽわになりすぎてしまうのに注意が必要だなと思っていて、この時はズミクロンの2ndを選びました。

続きを読む

2021年6月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年6月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤ撮影は撮れ高めっちゃ高くて、審査の通過率がめちゃめちゃ高いんですよね! この写真で好きなところは、左右の腕(扇子含む)の配置バランスと、絶妙な顔の向きと目の角度です。つまり総じてポーズが良いところです!

ボリュームが上半身に寄ってるので、足先までフレームに入れてしまうと下側が寂しくなるので膝上で切って、それだとまとまりすぎそうだったので左の肘を少し切っています(もうちょい切っても良かったかも)。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんの袴マシュです。はかマシュ。振り袖のポイントである長い袖や、腰に付いてる花がよく見えるポーズがさすがです! 右手に持ってるポチ袋が背景に溶けない位置にしてくれてるのも助かります🙏

ライカSで絞って撮った時の解像している領域が多い描写が好きなんですけど、こういう細かい模様の入った着物や袴との相性は最高だなって思います。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

毎月定例の、ゆなまるさんの和服大和です! 6月は紫陽花撮影の写真が掲載されました。梅雨時期に紫陽花写真が載ったのは嬉しいですね!
ゆなまるさんの和服の着こなしが素敵なのは世界的に有名な話ですが、この時は浴衣にレースとかを合わせていてコーデが凄かったです(語彙力)。

機材はM8とASPHルクス35mmという個人的に鉄板の組み合わせ。46mmの画角って人物を撮るのに結構良かったりするんですよね。

続きを読む

2021年5月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年5月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica S Typ007 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんとは桜ポートレートを毎年撮ってるんですが、今年は獣耳和服桜撮影でした(属性が多い)。桜の雰囲気と着物の色柄のバランス良くて素敵ですね!

桜に囲まれたミカさんの何かを訴えるような視線の印象に合わせた現像で、やや暗めにしっとり仕上げました。


Leica M-E Typ240 + Hektor 7.3cm F1.9
ほずきさん

ほずきさんとの、大正レトロ喫茶をイメージしたポートレートからの一枚です。どこかアンニュイでちょっと陰を感じる表情が印象的です。

正面にある大きな窓からの光をメイン光として、右サイドの棚で顔半分を締めて立体感が出るようにしています。自然光のみでライティング機材は無しです。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
みりんさん

みりんさんのコヤンスカヤが5月も採用されました!このまま毎月採用を目指したいですね。椅子の座り方がめっちゃ綺麗で、奥側の足が見えてたり腕や足で作った空間がバランス良くてお気に入りの写真です。

尻尾や体をフレームにどこまで収めるかは常に悩ましいんですが、ある程度切る方が勢いが出て好きかなあ。


Leica M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.
ゆなまるさん

今月のゆなまるさんの大和は、アレンジ浴衣の紫陽花撮影の写真でした!(紫陽花は写ってないカットだけど)レースの羽織物を合わせるのがさすがのセンスですよね。

格子状の背景と距離が近いので、串刺しにならないように気をつけながら撮りました。

ここのところ暑かったですが、梅雨入りして少し涼しくなりましたね。とは言え来月にはまたあのアツい夏がやってきますね! 今年も夏っぽい写真撮りたさあるな〜!

2021年4月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年4月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica M9 + Summitar 50mm F2
ゆなまるさん

ゆなまるさんの和服大和でマスターショット(LFi最高の写真)を頂きました! この写真、ゆなまるさんの表情と首の角度、そしてだらりとした(それでいて凛としている)ポーズが最高なんですよね。

レンズは絞り開放で使うと中央以外が解像しないズミター 50mm F2を使って、現像では顔から生気を減らして周辺光量を落とす事で、モデル側と雰囲気を揃える事を意図しました。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ゆなまるさん

続いてもゆなまるさん。みんな大好きスタジオ クォーツで撮影したFGOのネロちゃまです。ゆなまるさんリクエストのポーズでしたが、クールな表情が相まってめっちゃ格好良いですね!

顔の半分が暗くなっているのがポイントなのですが、僕はソフトボックスを持っていないので、天井バウンスでがんばった一枚です。現像はシルキーな感じに仕上げられたのがちょっと良い感じでした。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
えびみりんさん

えびみりんさんのコヤンスカヤもスタジオ クォーツで撮ったものです。クォーツは撮りやすくて本当に良いスタジオですね。結構無茶振りなポーズだと思うのですが、涼しい顔で維持してくれてまじ凄いなって思った一枚でした!

機材は安定のS Typ007と30-90ズームです。最近はほぼテレ端しか使ってないので、単焦点の望遠が欲しくなってきたこの頃です。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんの袴マシュが2ヶ月連続で掲載です。今月は三色団子を持ったアップのカットでした。これくらいアップになるとちょっとした口角の角度とか視線の強さとか大事になってくるなあと思います。

30-90mmをスタジオ的な撮影で使う際はF11〜F16くらいまで絞ってるんですが、その深い被写界深度で人物の多くの場所にピントが合う事によって解像感とトーンを堪能できる場所が増える描写が好きなんですよね(分かりづらい)。

4月はマスターショット含めて4枚が掲載されて、嬉しい春の始まりでした。最近、日本からLFIにUPされる方が増えてるような気がして、これまた嬉しい時流です。

2021年3月にLFIギャラリーに掲載された写真

ライカ専門の審査制フォトギャラリー、LFI.Galleryに2021年3月に掲載された写真のまとめです。写真をクリックするとLFIの掲載ページに移動します。


Leica M8 + Elmarit 135mm F2.8
ゆなまるさん

毎月定例の、ゆなまるさんの和服大和です! 3月は桜に囲まれる大和でした。「桜のシーズンだし桜大和の写真で載ったろ!」って思いながらUpしました(キリッ

M8で135mm使うと35mm判換算で180mmくらい?になるので、M型ライカ的には殆ど限界ギリギリな望遠だと思います。実際フレーミングはかなり難しくて、シャッター切りまくって後から良いカットを選ぶっていう撮り方でした。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
えびみりんさん

えびみりんさんとはこの時が初撮影だったのですが、撮れ高激高な撮影となりました。お顔的にコヤンスカヤが絶対似合うだろうなーと思っていたのですが、実際めっちゃイメージ通りでした。
衣装的には、このモフモフでありながらピンと張った尻尾が最高なんですよね。

スタジオは安定のクォーツで、背景紙はコヤンスカヤならこの色!と思っていたオーキッドです。


Leica S Typ007 + Vario-Elmar-S 30-90mm F3.5-5.6 ASPH.
ミカさん

ミカさんの袴マシュです。概念礼装「いろはにほへと」の衣装で、持っている赤い封筒はお年玉でしょうか。マシュの衣装は色々とあるけど、その中でも袴姿はかなり好きかもです。和な感じは小物も使いやすくていいですね!

機材は安定のS Typ007と30-90mmです。普通のスタジオ撮影ならこのセットで盤石ですね。


Leica S-E Typ006 + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. (CS)
ミカさん

ミカさんのロングメイドさんです。この写真、不意に風が吹いた時にシャッターを切ったんですが、何となくどことなく、北斎感を感じるような気がします。多分、風が吹いてなかったら掲載はされなかったんじゃないかなあと思う一枚です。

この時の撮影はもはや懐かしさを感じるS-E Typ006でした。屋外ならCMOSセンサーのTyp007と遜色なく撮れる良いカメラでしたねー(センサーは腐食しますけど)。

いよいよ春も本番で暖かくなってきましたね! 今年はロケ撮影もスタジオ撮影も昨年より精力的にやっていきたいですねー。

記事検索
プロフィール

Author : hamashun (浜 俊太朗)

http://www.hamashun.com/

秋葉原の街や人、アキバ系のカルチャーをテーマに写真を撮っています。
機材は ライカ S Typ007, Q2, M240, M9, M8, M8.2 / GXR Mount A12 と、ライカマウントレンズが中心です。



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ